windows7終了迫る。windows10への移行はお早めに(3)

メールアプリの移行に注意

windows10への移行時に最も混乱しやすいのは、メールアプリです。
・プロバイダのwebメールや、gmail、yahooメール、アウトルックドットコムなどのwebメールをお使いでしたら、移行の心配はございません。
・officeソフト付属のアウトルックをお使いの方は、移行先のPCにofficeソフトが入っていれば、市販の環境引っ越しツールでメール移行されると思います(別途メールパスワード等の設定が必要なことがあります)。念のため移行されているかお確かめください。
・thunderbirdなどのwebメールでないメールアプリをお使いの場合は、市販の環境引っ越しツールでメール移行されない場合がありますので、その場合は手動でアドレス帳やメールデータを移動してください。

問題なのはライブメール(無印、2011、2012)をお使いの方です。アドレス帳は移行されないことが多く、取り込まれたメール本体は移行されません。windows10にはライブメールと互換のあるメールアプリが無くなってしまったからです。windows10に入っているメールアプリは、アウトルックドットコムがベースになったwebメールになります。
webメールには原則PCに取り込んだメールを保存することはできないので、今後も過去のメールをダウンロードして使いたい場合は、今後は officeソフト付属のアウトルック、もしくは thunderbird などをお使いいただくことになります。
アドレス帳や今までのメールデータは、今後お使いになるメールアプリ(outlook、thunderbird) で読める形式にエクスポートし、その後 移行先のメールアプリでインポート作業を行います。

今後はwebメールが主流
以下の理由で今後はwebメールが主流になります。

  • ネット接続環境があれば、いつでもどこでも、どの機器においてでも同じ状態でメールやアドレス帳を読み書き更新できます。
  • windows や mac 等の付属メールアプリがOSの新規リリースによって無効になったとしても(ライブメールがこれに該当)、移行が簡単にできます。

gmail がお勧め
gmailの開発元のgoogle社の信頼性に疑問を持つとかでなければ、以下の理由でgmailがお勧めです。

  • 従来のプロバイダメールを送受信して表示できます。
  • フォルダ管理でなくラベル管理を採用しているので、一つのメールを複数の視点でグループ分けできて探すのが楽です。
  • 他のwebメールより同期(メール一覧の取り込み、変更結果の反映)が速い感じがします。
  • 迷惑メールや広告メールを判別してくれます。またchromeブラウザの機能との連携で、ウィルス添付メールの警告も行ってくれます。

-おわり-

関連記事
業務用PCの乗り換えに、アップグレードではなく買い替えをお勧めする理由
windows7終了迫る。windows10への移行はお早めに(1)
windows7終了迫る。windows10への移行はお早めに(2)
windows7から10へのアップグレード再チャレンジのすすめ
まだライブメールを使っている方、サポート期限を過ぎています