VGN-AR75UDB リカバリーができないのを修理する

(公開:2012/2/7)

 岐阜県岐阜市からの持込修理依頼。
 機種はソニーのノートパソコン VGN-AR75UDB。OSは windows vista ultimate。症状は、一言で言えば、リカバリーができないというものだが、詳細は、yahoo!知恵袋に書かれている内容と同じ(依頼者にお尋ねしたところ、このyahoo!知恵袋に投稿したのは依頼者自身とのことでした)。

 パソコンをお預かりし、当方でもリカバリーを実施してみる。運良くリカバリーは完了できた。次にwindowsのアップデート等を行なうためにパソコンをしばらく操作していると、パソコンが変な動作をするようになった。まるでキーボード左側にある、S1ボタンが押下されたままになっているような動作である。勝手にテレビ視聴ソフトが何度も起動するのである。なにやら依頼者が仰っていた内容に似ている。

 内部を分解すれば解決の糸口が掴めるかと考え、分解を行なう。S1ボタンの真下はサブ基板になっており、フレキシブルケーブルを介してマザーボードに接続されている。S1ボタンとサブ基板の位置関係が悪いか、S1ボタンを離したら元に戻る機構が破損しているか、フレキシブルケーブルの接触不良か・・・原因がこの中にあれば幸いな部類かもしれない。

 分解清掃し、ケーブルの配線をしなおして組み付け直す。その際、例のフレキシブルケーブルを外しておいた。すると、S1ボタン付近のボタンが使えなくなるのと、HDDアクセスランプなどのLEDが点灯しなくなる不都合はあったが、windowsのアップデート、vaioのアップデート、ウイルス対策ソフトのインストールなどの作業に特に支障は生じなかった。
 一連の作業終了後、再びキーボードを外し、例のフレキシブルケーブルを元通り接続する。そしてパソコンの一連の動作確認、地デジ視聴及び録画ソフトの動作確認を行う。これを3~4日間、間隔を置いて実施。ボタン操作に問題なく、パソコンの挙動に異常なし。これで様子を見ていただくことにした。

 なおこの機種はRAID0 のシステムで、ハードディスクの詳細な健康状態が不明だった(マニュアルを見れば分かるかもしれないが確認せず)。のでディスク最適化等は行なわずに納品した。お客様にはRAID0システムは、HDD1台のシステムの少なくとも2倍故障しやすいため、バックアップを怠らないようお伝えした。