VGC-RC52 windows起動せず。HDD交換・リカバリ実施

 東京都八王子市からの宅配修理依頼。
 ソニーのデスクトップパソコン VGC-RC52 において、windowsが起動しなくなったので修理してほしいと依頼があった。
 まずデータの丸ごとバックアップを行う。その際、読取不良セクタが見つかる。
 次にチェックディスクを行なってファイルシステムの障害を取り除いた上で、windowsの起動を試みたが失敗。MBRやブートセクタの復旧や、欠落したシステムファイルの復旧を試みたがこれらも失敗。
 HDDの読取不良セクタも有ったことから、ハードディスク交換と、リカバリーを実施。ハードディスクについては、当初の600GBのものから、今回2TBのものに増設した。このような場合通常は750G~1TBのものに交換するところ、HDD価格高騰の影響で、当店在庫の2TBのHDDの方が安く済むことから、結果的にそうなった。リカバリーは、お客様が用意したリカバリーメディアを使用して行なった。

 更に、以下のことを行なう。
◎リカバリー直後の状態だと、Cドライブの容量が小さすぎるため、パーティション(CドライブとDドライブの間の仕切り)を調節して、Cドライブの容量を増やした。
◎リカバリー時点のwindows xp は、sp2のため、セキュリティー上 sp3に更新する必要があったため、sp3に更新した。その他、microsoftアップデートを実施。
◎グラフィックドライバ、サウンドドライバ他、vaio updateを行なった。
◎先に丸ごとバックアップしたデータのうち、設定に関係したファイルを、このハードディスクに移動した。その後で、「マイドキュメント」「デスクトップ」「インターネットのお気に入り」等の設定を行なった。
◎ノートンインターネットセキュリティー2004関連のファイル削除。
◎ハードディスクの健康診断ソフトのインストールを行った。

 重要なシステムファイルの損傷のため、製造時の状態にリカバリすることになり、officeソフトなどは、お客様に再インストールしていただかなくてはならなくなったが、設定ファイルは所定の場所に再配置することができた。