2年半全く使用していないwindows10パソコンのサポートを実施

2年間全く使用していないパソコンのサポートを実施しました。やはりそのまま使用すると支障があります。
・メーカー製セキュリティーソフトの期限が切れていますので、更新しないとセキュリティーソフトの機能が果たせません。windows10のセキュリティ機能の一部が止まったままですので更に危ないです。
・パソコンメーカー付属アプリの更新が行われていませんので、不具合が残ったまま使用することになるかもしれません。
・windowsサポートの期限が切れています。このパソコンのwindowsバージョンは1511(今の最新バージョンは1903)。このwindowsは、17年10月でwindowsアップデートの提供は終了しています。(windowsアップデートの提供期間は2年間ですので、提供期限が切れるまでに windows機能更新を行わなければなりません)

そのため当店では
・セキュリティソフトの更新(今はネットでダウンロード版を購入できるので楽になりました。ご希望により更新作業の面倒の要らない自動更新もできます)
・パソコンメーカー付属アプリの更新(今回はBIOS更新と、リカバリーツールの更新が含まれていました。)
・windows機能更新を手動で実施(1511バージョンのwindows10はサポートが切れているため、自動でwindows機能更新をしてくれませんので手動で更新することになります。最新の1903バージョンはハードウェア構成によっては問題が指摘されていますので、手持ちの1個前のバージョン(1809)のインストールメディアを使って更新を行いました。

関連記事
windows10をお使いの方に、年2回やってほしいこと
この表示が出ていれば、windows10を最新バージョン化準備OK。