近頃のネット接続が遅いのを解決する方法

顧客の間で「夜間や土日のネット接続が遅くて大変」という話を頂きますが、コロナの影響でリモートワークが普及してきたため、昼間でもネット接続が遅いようです。フレッツ光をお使いの方は、プロバイダが推奨するIPv6接続を使ったサービスが、解決するための選択肢になります。

参考になるサイトがありましたので紹介いたします。

夜間のフレッツ光が遅いのはv6プラスで改善できる!(かも)

IPv6(IPoE)のまとめ、乱立する「v6プラス」「Transix」「OCNバーチャルコネクト」を比較する

※以下はフレッツ光とNTT回線を使っている光コラボについての話。電力系やケーブルテレビ系、Nuro光については触れていません。

要点をまとめると 
・もとからのフレッツ光のネット接続方式は、接続時にプロバイダ認証が必要な PPPoE。
これだとプロバイダ接続者の増加で認証拠点が混雑して、スピードのボトルネックになっていた。それを解決したのが v6プラスなどで採用しているIPoE方式
・v6プラスなどで採用しているIPoE方式にすると、フレッツ光ネクストハイスピードタイプの最高速度が、200Mbpsが 1Gbps になります。(もちろんケーブルや機器が1Gbpsに対応していることは必要ですが)
 
・さて、従来のインターネット接続は、IPv4のみでしたが、現在は IPv4 と IPv6 を使っているので、どちらの接続もできなければなりません。v6プラスなどで採用しているIPoE方式は、IPv6のためのものなので、それだけではIPv4は接続できない。それを解決するために、IPv4 over IPv6 という方式を使っている。
・日本の主なプロバイダでは、IPoE と IPv4 over IPv6 をセットで使えるところが主流。
 
・契約プロバイダがIPoE と IPv4 over IPv6に対応していれば、プロバイダ(OCN、so-net、biglobe、@nifty、ぷらら、excite、GMO、…)に申し込むだけで可能。大抵申し込みも解除も無料でできる。光回線開通時に渡される書類を引っ張り出してきて、お客様IDとアクセスキーを伝える必要があります。

・ご自宅や会社等で、インターネットを使って、サーバー開設(一部の遠隔監視カメラやゲームも該当するかもしれない)、VPN通信を行っている場合、v6プラス等の方式は原則的にそのままでは使えないです。
・ルーター※の中にはv6プラスなどに対応していないものがありますので、製品仕様をよく見てください。(古い機種や、海外メーカーの機種など)IPv4 over IPv6は、海外で一般的な規格ではないもののようです。
※v6プラス対応/非対応が問題になるのは、接続する通信機器をルータとして使う場合だけです。回線業者が支給する装置にすでにv6プラス対応ルーターが入っていれば、その後ろに付けるwifi親機は、一般家庭では通常、v6プラス対応/非対応どちらでも問題ありません。(wifi親機はアクセスポイントモードで設定してください)

(例えば、ASUS社の Wi-Fi6対応のメッシュWi-Fiルーター ですが、製品仕様をよく見ると、v6プラス非対応と書いてあります)

無線LAN関連のトラブル

(公開:2014/8/30、加筆修正:2020/11/11)

無線LAN関連のトラブルには次のようなものがあります。
無線LANがつながらなくなった
無線LANがよく切れる

これらの問題の原因としてよくあるのは、以下のようなものです。
※windows10の場合、機内モードがオフになっている、Wi-Fi 設定がオンになっている、ノートパソコン側面、Wi-Fi管理アプリ、もしくはFnボタン上でWi-Fiが入になっていることをまずお確かめください。

(1)近所の無線親機の電波とぶつかっている、近所の電波に負けている
(2)無線LAN親機の性能を上回る数の端末とつながっている
(3)無線LAN親機にぶら下がっている子機端末の中に、通信量が極端に多いものがあったり、極端に接続状態が悪いものがあったりする
(4)無線LAN親機にぶら下がっている子機端末の接続規格がまちまち(ある端末は 802.11n、別の端末は802.11b といった場合)
(5)その他の無線LAN親機側の問題
(6)無線LAN子機側の問題
(7)パソコンの問題

更に、(5)無線LAN親機側の問題としてありうるのは
(5a)親機の省電力モードが働いているため、しばらく通信しないと切れてしまう
(5b)親機側がプロバイダとの接続を維持する信号を送る設定(PPPキープアライブ)にしないと接続が切れる
(5c)親機のファームウエア(機器のマイコンプログラム)に更新が必要な不具合がある
(5d)無線親機の持つ多機能を一緒に酷使している(NAS、有線スイッチ、プリントサーバ、VPNなど。複数の中継機をぶらさげるのも負荷が高いと思われる)
(5e)親機の規格が古い
(5f)親機が故障している

更に、(6)無線LAN子機(パソコン内蔵型を含みます)側の問題としてありうるのは
(6a)子機の省電力モードが働いているため、しばらく通信しないと切れてしまう
(6b)子機のドライバーソフトに不具合がある
(6c)親機と中継機、SSID同一の複数の親機、メッシュ中継など、ローミングが発生する環境での子機の切替タイミングが適切でない
(6d)子機の規格が古い
(6e)子機が故障している

解決しやすい対策について、結論を言いますと
(A)新しい規格の親機に交換する
(B)パワーや接続可能台数、搭載CPUなど、性能が良い親機に交換する
(C)なるだけ 5GHz帯の電波を使う(IEEE802.11ax[Wi-fi6 5GHz]、IEEE802.11ac[Wi-fi5-5GHz]、IEEE802.11a)子機が対応していればバンドステアリング機能を設定。

詳細説明といきます。

(1)近所の無線親機の電波とぶつかっている
  近所の無線親機の電波に負けている
・・・例えば android や windows10 では、wifiアナライザなどのアプリが有って、自分の電波が周囲とどれだけぶつかっているか容易に見ることができます。
以前は以下のように説明していました。
山がぶつかってるな、重なってるな、という時は、親機を操作してチャンネル手動設定にしたうえで、チャンネルを切り替えます。また一部の無線子機(子機内蔵パソコン)は親機が割り当てた一部のチャンネルを受け付けないことがありますので、その場合は、無線子機が受け付けられるチャンネルに合わせてあげましょう。
今は、親機電波がいっぱい飛び過ぎていますので、それでは追いつきません。子機(パソコン、スマホ)が5GHzの電波に対応しているのなら、5GHzの無線電波で通信するよう設定したほうが的確です。ただ5GHzの電波は到達距離が短く障害物に弱いので、適宜中継機をおいてあげます。親機が5GHzに対応していなければその親機は古すぎるのでこの際新しいものに交換します。
更に、無線親機の設置位置を子機に近い位置に移動するか、ハイパワーの無線親機に交換しましょう。

(2)無線LAN親機の性能を上回る数の端末とつながっている
・・・スマホが少なかった時代の古い無線親機なら、新しいのに取り換えましょう。接続可能台数が多く、性能の良いものの方がいいです。

(3)無線LAN親機にぶら下がっている子機端末の中に、通信量が極端に多いものがあったり、接続状態が悪いものがあったりする
・・・古い規格 (wi-fi 4以前)の親機であればこういう問題が発生します。最新規格のものに取り換えます。

(4)無線LAN親機にぶら下がっている子機端末の接続規格がまちまち(ある端末は 802.11n、別の端末は802.11b といった場合)
・・・子機(子機端末)を新しい規格のもの(古いPCだと内蔵のをやめてUSB端末を使うとか)に交換すると接続規格が揃います。

(5a)親機の省電力モードが働いている
(5b)親機側がプロバイダとの接続を維持する信号を送る設定(PPPキープアライブ)にしないと接続が切れる
・・・無線親機の設定を適切な設定に変更してください。

(5c)親機のファームウエア(機器のマイコンプログラム)に不具合がある
・・・親機のファームウエアが最新かどうか確認し、最新でない場合はファームウエアを、無線親機のメーカーサイトから入手して更新してください。

(5d)無線親機の持つ多機能を一緒に酷使している(NAS、有線スイッチ、プリントサーバ、VPNなど。複数の中継機をぶらさげるのも負荷が高いと思われる)
・・・原因としてはあり得ますので、別々の専用装置に役割を分散してあげるのも手です。

(5e)親機の規格が古い
・・・新しいものに交換してください。

(5f)親機が故障している
・・・メーカーに修理を依頼するか、交換してください。

(6a)子機の省電力モードが働いている
・・・これは意外と盲点です。他のノートパソコンは調子良いのにこのパソコンだけだめ、というような時はこの可能性があります。windows vista以降のパソコンの電源設定を省電力モードにしていると、Wi-Fiが省電力モードになっていることがあります。この場合は、省電力モードを解除してやってください。

(6b)子機のドライバに不具合がある
・・・パソコンメーカーのwi-fiパソコンでしたら、メーカーのアップデート確認プログラム、自作系wi-fiパソコンでしたらマザーボードのアップデート確認プログラム、専用子機をお使いの場合は専用子機メーカーのアップデート確認プログラムにて、ドライバの更新がないか確認し、更新があればアップデートしてください。

(6c)親機と中継機、SSID同一の複数の親機、メッシュ中継など、ローミングが発生する環境での子機の切替タイミングが適切でない
・・・windowsの場合、ドライバーの詳細設定で改善することがあります。

(6e)子機が故障している
・・・メーカーに修理を依頼するか、交換してください。

(7)パソコンの問題
・・・メモリ、記憶装置、マザーボード等の不具合、ウイルス等、いろいろ考えられますのでメーカーまたは専門家にお問い合わせください

無線LANのセキュリティー対策はどこまですべきか(追記)

これは、2011年3月に書いた記事を2016年12月に書き換えたものを、更に追記したものです。

1.暗号化の設定
2.MACアドレスフィルタリング
3.SSIDの名称変更
4.SSIDの隠蔽(ステルス化)
5.無線LAN親機(アクセスポイント)の設定ログオンIDとパスワードの変更

1.の「暗号化」については、4年前に良しといわれていたワイヤレスセキュリティ・プロトコル WPA2 ですが、その後自脆弱性が明らかになり、2018年後半に、新しいプロトコルWPA3 (SAE方式を使用)が発表され、最近発売されている無線ルータには搭載されているものが多いので、今後はできるだけ WPA3を使うことになります。 子機が対応していなければ、 WPA2(AES)です。それ以外は非推奨です。

どうしても非推奨の WPA(TKIP)やWEPの子機をこき使ってネット閲覧やネットサービス利用をしたいときは、定額のVPNサービスをつかえば、端末からwifi親機経由で有償VPNのサーバーまでの詳細の通信は盗聴されることはありません。会社や自宅につなぐなら、そこにVPNサーバを置く(そういった機能付きのwifiルータを設けるのが安上がり)手もありますが。古いゲーム機ならともかく、今どきWPA(TKIP)やWEPで無線につなぐ情報機器はないでしょうし、もし有るなら子機の置き換えやアダプター付けるかすると思います。

アクセスポイントの設定ログオンIDとパスワードの変更 これを甘く見ると痛い目に遭います。通常は外部からアクセスはできない設定になっているはずですが、遠隔操作用に抜け道が空けられていることもあります。アカウント名やパスワードは12文字以上で使用文字は許す範囲で複雑にというのが原則です。