近頃のネット接続が遅いのを解決する方法

顧客の間で「夜間や土日のネット接続が遅くて大変」という話を頂きますが、コロナの影響でリモートワークが普及してきたため、昼間でもネット接続が遅いようです。フレッツ光をお使いの方は、プロバイダが推奨するIPv6接続を使ったサービスが、解決するための選択肢になります。

参考になるサイトがありましたので紹介いたします。

夜間のフレッツ光が遅いのはv6プラスで改善できる!(かも)

IPv6(IPoE)のまとめ、乱立する「v6プラス」「Transix」「OCNバーチャルコネクト」を比較する

※以下はフレッツ光とNTT回線を使っている光コラボについての話。電力系やケーブルテレビ系、Nuro光については触れていません。

要点をまとめると 
・もとからのフレッツ光のネット接続方式は、接続時にプロバイダ認証が必要な PPPoE。
これだとプロバイダ接続者の増加で認証拠点が混雑して、スピードのボトルネックになっていた。それを解決したのが v6プラスなどで採用しているIPoE方式
・v6プラスなどで採用しているIPoE方式にすると、フレッツ光ネクストハイスピードタイプの最高速度が、200Mbpsが 1Gbps になります。(もちろんケーブルや機器が1Gbpsに対応していることは必要ですが)
 
・さて、従来のインターネット接続は、IPv4のみでしたが、現在は IPv4 と IPv6 を使っているので、どちらの接続もできなければなりません。v6プラスなどで採用しているIPoE方式は、IPv6のためのものなので、それだけではIPv4は接続できない。それを解決するために、IPv4 over IPv6 という方式を使っている。
・日本の主なプロバイダでは、IPoE と IPv4 over IPv6 をセットで使えるところが主流。
 
・契約プロバイダがIPoE と IPv4 over IPv6に対応していれば、プロバイダ(OCN、so-net、biglobe、@nifty、ぷらら、excite、GMO、…)に申し込むだけで可能。大抵申し込みも解除も無料でできる。光回線開通時に渡される書類を引っ張り出してきて、お客様IDとアクセスキーを伝える必要があります。

・ご自宅や会社等で、インターネットを使って、サーバー開設(一部の遠隔監視カメラやゲームも該当するかもしれない)、VPN通信を行っている場合、v6プラス等の方式は原則的にそのままでは使えないです。
・ルーター※の中にはv6プラスなどに対応していないものがありますので、製品仕様をよく見てください。(古い機種や、海外メーカーの機種など)IPv4 over IPv6は、海外で一般的な規格ではないもののようです。
※v6プラス対応/非対応が問題になるのは、接続する通信機器をルータとして使う場合だけです。回線業者が支給する装置にすでにv6プラス対応ルーターが入っていれば、その後ろに付けるwifi親機は、一般家庭では通常、v6プラス対応/非対応どちらでも問題ありません。(wifi親機はアクセスポイントモードで設定してください)

(例えば、ASUS社の Wi-Fi6対応のメッシュWi-Fiルーター ですが、製品仕様をよく見ると、v6プラス非対応と書いてあります)