SONY PCG-QR1S/BP ハードディスク交換および、再インストール 

(公開:2011/6/28)


岐阜県大垣市の方からのご依頼。
機種はSONY PCG-QR1S/BP。windows meモデルを、windows xp にアップグレードして使用。
お客様において再インストールを行ってから、頻繁に再起動するようになったとのこと。
決して新しい機種ではなく、メーカーからは修理を断られたとのこと。
現在のパソコンの能力と比較すると見劣りするけれども、デザインが大変気に入っているので、多少高額でも修理を希望されていた。
搭載メモリが128MBで、実用的とは言えないので、最大容量256MBにメモリ増設することを提案し、了承いただく。

ハードディスクを調べると、S.M.A.R.T.では明らかに異常を示す。この機種は10年前の機種なので、ハードディスクは9~10年使用されているはず。したがって新品(120GBのもの)に交換した。
次にメモリ増設。これを行うことで、後の作業時間がずいぶん短縮された。
次に取扱説明書の通りにwindows の再インストールを行う。windows me の新規インストールから始め、取扱説明書通りにwindows xp のメーカーアプリケーションのインストールを完了するまでに、かなりの時間を要した。
次に、windows xp のサービスパック2を適用し、それからサービスパック3の適用を行う。さらにwindows アップデートを行った。
次にCドライブの最適化を行い、ファイルシステムをFAT32からNTFSに変換し、ドライブのサイズを72GBまで拡張した。残りの領域48GBもNTFS形式でフォーマットした。
次にメーカーのサイトから、アプリケーションの更新をダウンロードして、それをインストールした。
更に無料のウイルススキャンソフトを入れ、HDDの健康診断ソフト、ディスククリーンアップソフト、スタートアップ管理ソフトもインストールした。
次に、CardBus 用の無線LANカードのドライバとユーティリティーをインストール。最後にディスククリーンアップとCドライブの最適化を行って、作業完了。
ハードディスクを交換してから、PCを延べ20時間以上動作させていたが、一度もパソコンが意図せぬ再起動を起こすことは無かった、のは言うまでもない。

今回は、パソコンをお預かりしてから5日後に修理完了、納品となった。(遅くなったのは、中途半端に動作していたHDDのデータを生かそうと試行錯誤していたため。一から再インストールに徹していたら2日後に納品できた。これは反省)