業務用PCの乗り換えに、アップグレードではなく買い替えをお勧めする理由

以前に、弊社記事 windows7終了迫る。windows10への移行はお早めに(2) にて、

・windows乗り換え方法 として、今あるPCをそのまま活用する方法もある と書きましたが、できればやめたほうが良いです。アップグレードではなく買い替えをお勧めします。

最も大きな理由は、
・いま普通に使えているパソコン環境をなくしてしまうと、業務に支障がでることが多い
どういうことかというと、PCはハードウェアとwindowsだけで使えているわけではありません。オフィスソフト、会計ソフト、CADソフト、セキュリティソフト、スマホのバックアップ・・・、これらすべて今のパソコンで普通に使えていました。普通に使えるのは、windows7を使われていたらwindows7の環境に適したバージョンのものが入っているからです。
これをアップグレードすることによって、これらのソフトがwindows7の環境に適していた状態が崩れることによって、正常に動かなくなることが十分あり得ます。

やはり一番いいのは、
・新しく windows10 が入っている別のPCを1台用意して、そこに今まで使っていたデータをコピーして、そこに今まで使っていたソフトを順次インストールしていくやり方です。
その理由は
もし新しい環境でトラブルがあっても前のパソコンに戻って作業ができますので仕事が止まりません。windows7のサポート期限の20年1月までに問題を出し切って正常に使えるようにしていけばいいという余裕があります。

今では onedrive という「同期機能」を使える便利なクラウド環境がありますので、以前より楽かつ便利に 新旧パソコンを並行して使用できる期間を設けることができます。パソコンを買い替えて、しばらく新旧環境を並行して運用されることをお勧めします。

関連記事
windows7終了迫る。windows10への移行はお早めに(1)
windows7終了迫る。windows10への移行はお早めに(2)
windows7終了迫る。windows10への移行はお早めに(3)
windows7から10へのアップグレード再チャレンジのすすめ
まだライブメールを使っている方、サポート期限を過ぎています