UTM(総合脅威管理アプライアンス)でネットワークを守りましょう

UTMは、ネットワークに入り込むウィルスや不正アクセスから企業や店舗を守ってくれる優れた装置です。

まず、下の図をご覧ください。下の図は中小オフィスや拠点で見受けられる一般的なネットワーク構成です。

各機器に付けられているバルーンは、それぞれの機器に関わるセキュリティー上の危険と、その対策が記載されています。赤文字がセキュリティー上の危険、その下の黒文字が対策の一例です。

対策項目が多いことに気がつかれると思います。これだけの対策項目を、組織内のユーザーに、ずっと先まで完璧に徹底させるのは相当な労力が必要です。大変困難でもあります。

下の図は中小オフィスや拠点で見受けられる一般的なネットワーク構成です。上記のように色んな脅威にさらされておりますが、なかなかすべてのパソコンや機器のセキュリティー管理まで目が行き届かないことが多いです。

そのため、図の緑色のバルーンに記されたような状況が、相当数のオフィスで見受けられます。これは当社が数多くのオフィスのサポートを行ってきて感じたことです。

  • スマホのSNSで詐欺サイトのリンクを開いてしまった!
  • ウイルス対策ソフトの更新をしないで使っていたPCがあった!
  • 一部のPCのセキュリティーソフトの設定が無効にされていた!
  • パソコンから偽装メールを開いてしまった!
  • 面倒だといってパスワード設定がされていないパソコンがある!
  • セキュリティー上危ない古いアプリを使っていた!
  • 最近PCの一部のデータが消える騒ぎがあった!
  • windowsやOS X の自動アップデートを行わない設定で使っているPCがある!
  • 異常に遅くなっておかしくなったパソコンがある(ゲームや映像のダウンロードの後)!
  • 社員がアダルトサイトを閲覧しておりウイルスが心配!
  • 無線LAN機器、ネットワークハードディスクドライブ、複合機、ネットワークカメラのファームウェア更新をしたことがない!

UTMこれ1台で、以上の状況から起きうる、ウイルス感染、不正アクセス、データ漏洩、他の顧客への業務妨害などを防いでくれます。