東芝 PATX450DSE1 電源が落ちる を修理する

 岐阜県多治見市からの宅配修理依頼。
 機種は東芝のノートパソコン PATX450DSE1。OSはwindows xp home。症状は、起動後パソコンの冷却ファンが作動すると異音がし、2~3分経過すると画面が消えてシャットダウンしてしまうというもの。

 こういった場合には、冷却ファンまたは冷却ユニットの故障か、ホコリが詰まっていることが多い。ご依頼いただいたときの症状をもとに、送っていただいたパソコンを分解する。冷却ファンを取り出すために、マザーボードを外すところまで分解する。修理見積りの依頼を受けた際に、冷却ユニット周りのホコリのことをお話ししたせいか、冷却ユニットのホコリは丁寧綺麗に取り除かれていたが、冷却ファンの動作確認を行なうために、分解は行なう必要があった。
 冷却ファンの動作は正常で、回転時に異音がすることもない。元通り組みなおした後にパソコンを起動するも問題なし。メモリテストを長時間行い、CPU及びメモリに負荷をかけてみたがシャットダウンしない。1日間画面表示させ起動させたままにしても問題なし。結局、冷却ユニットにホコリが詰まっていたのが原因だったのだと思う。
 組みなおすときに気になったのは、冷却ユニットにCPU用シリコングリスが大量に塗られていたこと。ノートパソコンのCPUに塗るグリスは少量でよい(無くても良い場合もある。塗布するなら熱伝導度の高いものを付けること)。また冷却ユニットとCPUの接着部分の切り欠き穴と突起を合わせるの当然である。