NF45W データ復旧、リカバリー、データ引越の実施

 岐阜県大垣市の方からの持込修理依頼。機種は富士通のノートパソコン FMV BIBLO NF45W。OSはwindows vista。windowsが起動しない症状。

 症状からみてハードディスク異常の可能性大。PCからHDDを外してバックアップを行おうとしたところ、全くディスクが読めないどころか、最初に「ハードディスクエラー」と表示される。元のパソコンでは、曲がりなりにも「windows エラー回復処理メニュー」が出たのに。何故だ?  検査ツールで調べた結果、何と、ハードディスクにパスワードがかかっていたのだ。ハードディスクをもとのパソコンに戻し、BIOSメニューを出してみると、BIOSにもパスワードがかかっていた。依頼人にパスワードを尋ねたところ、記憶にないとのこと。パスワードがわからないと、残念ながらこの先進めることができない。

 とりあえず、パスワード消去にチャレンジする。古いパソコンだと、BIOSパスワードは、BIOSのユーザ設定データと同じく揮発性メモリに記憶されており、俗にいう「CMOSクリア」をしてやるとパスワードを消去できる。CMOSクリアのため、パソコン内蔵のバックアップ用のボタン電池を抜いてしばらく置くことが一般的に行われてきたが、CMOSクリア相当の動作が行えるソフトウェアが存在する。今回は、依頼人からパソコンの内部清掃を依頼されていたので、内部清掃のついでにボタン電池を抜いてCMOSクリアを行った。  しかし、このパソコンはCMOSクリアでパスワードを消去することができなかった。最近のパソコンでは、BIOSパスワードは(HDDパスワードも)BIOSファームウエアと同様フラッシュメモリに書き込まれるのが一般的。BIOSパスワード解除はメーカー送りとなる。修理依頼者が使用者本人であることを証明する厳正な審査があるのはもちろん、場合によっては解除そのものを断られる場合がある。HDDパスワード解除の依頼はメーカーではやってくれないだろう。まあどちらのパスワード解除も専門に行っている業者は無いわけではないが・・・。  結局、BIOSパスワード、HDDパスワード共、依頼者の姓であることがわかった。依頼者にそのことを伝えると、「覚えがない」とのこと。パスワードは必ず覚えておいてほしい。

 ハードディスクのパスワードを解除したので、やっとのことでデータサルベージを行うことができるようになったが、このハードディスク、意外と重症で、2.5メガバイト程度の領域が読取不能であった。当然ハードディスクは使い物にならない。  それでも、ハードディスクを交換し、サルベージしたデータからファイルシステムの修復等を行うことで、windows vistaを曲がりなりにも起動させることができた。

 ところが、とことん動作が重く、頻繁にフリーズする。また、

 こんなソフトや、

 こんなソフトや、

 こんなソフトが時間をおいて起動する。これらの多くは、パソコンの故障につながったり、パソコンを遅くしたり、金銭を要求するだけで全く役に立たないソフトである。

 元々読取不能だったハードディスクだった上に、パソコンに不具合を起こすソフトが入っていたことから、リカバリーするしかないと判断。リカバリーを行った

 リカバリー後、vista サービスパック1と2を適用、諸々のアップデートした環境に、サルベージしたユーザデータを被せて作業終了。

 今回はその他にも、メモリ増設、交換したハードディスクのCドライブとDドライブの領域拡張も行ったのだが、大変手間のかかる作業だった

トラックバックURL

https://www.pom-net.jp/nf45w-%e3%83%87%e3%83%bc%e3%82%bf%e5%be%a9%e6%97%a7%e3%80%81%e3%83%aa%e3%82%ab%e3%83%90%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%80%81%e3%83%87%e3%83%bc%e3%82%bf%e5%bc%95%e8%b6%8a%e3%81%ae%e5%ae%9f%e6%96%bd-8825.html/trackback