ネットバンキングを狙う偽メール・ウイルスに注意

(公開:2015/2/14、加筆修正:2020/11/11) 

すでにテレビのニュースや新聞、ネットでも報道されておりますが、現在ネットバンキングを狙う偽メール・ウイルスによる被害が多発しております。

 このウイルスは、以前は主に銀行を騙った偽メールに添付されたファイルを開封すると感染すると言われていましたが、最近はヤマト運輸や佐川急便などの宅配業者、Amazonや楽天などのネット通販業者、PayPayや楽天Pay、ペイパルなどの決済業者を装ったメールが、フィッシングサイトへ誘導したり悪質ウイルスに感染させたりする添付ファイルを一拠点に一日に何十通以上も送っています。
ネットバンキングの偽のログイン画面が表示され、利用者が誤ってIDやパスワード、口座番号などを入力してしまえば、攻撃者のサーバーに情報が自動転送され、あれよあれよという間に、口座から現金が引き出されてしまいます。
ブラウザー(インターネット・エクスプローラ(今どきメインで使っている人は居ないと思いますが)、マイクロソフト・エッヂやグーグル・クロームなど)で開かれたページを経由して情報を引き抜くため、固有のパスワードだけでなく、使い捨ての湾タイムパスワードすらも搾取されますので、銀行から渡されたトークンを持っていようがメールでワンタイムパスワードを発行されようが被害防止には無力です。セキュリティーソフトの警告画面さえ無効にしてしまう例もあるため、ウイルス対策ソフトも当てにならないかもしれません。これらはオフィスソフトやウインドウズの脆弱性を狙ったものが多いようです。

 ここまで巧妙かつ悪質になると対策はかなり難しいと思います。危険に常にさらされていると肝に銘じるしかないかと思います。それでもできることといえば、以下のことだと思います。

マイクロソフト・オフィスはサポート切れのものを使わない
ウインドウズはサポート切れのものを使わない
ウイルス対策ソフトは信頼できるものを使う
・Java、フラッシュプレーヤーなどは必要なければ導入しない
・金融機関指定のフィッシング対策アプリ(Rapport、PhishWallなど)を併用する。(複数のフィッシング対策アプリの併用は非推奨。また既存の常駐型ウイルス対策ソフトとの相性に注意)・・・追加!
怪しげな無料ソフトは導入しない
・windows、officeをはじめ、adobe reader、java、flash player、各種ブラウザなどの更新を怠らない
wifiルータ、ホームゲートウェイや各種ネットワーク機器の更新も怠らない・・・追加!
・ウイルス感染が疑われたら、PCの初期化を行う(windowsを初期状態に戻す)
メールのセキュリティー機能のしっかりしたプロバイダ、サーバーホスティング業者を選択する、ホスティング利用の場合推奨されたセキュリティ設定を必ず行う・・・追加!
・プロバイダメールをセキュリティーのしっかりしたメーラーを通す手もある(gmailなど)・・・追加!
・企業やSOHO、自営業者などビジネス利用であれば、被害拡散を防ぐ意味でもUTMなどのセキュリティ装置の導入を検討する。
・以上の管理に確信が持てないときは、ネットバンキングを利用しない


無線LAN関連のトラブル

(公開:2014/8/30、加筆修正:2020/11/11)

無線LAN関連のトラブルには次のようなものがあります。
無線LANがつながらなくなった
無線LANがよく切れる

これらの問題の原因としてよくあるのは、以下のようなものです。
※windows10の場合、機内モードがオフになっている、Wi-Fi 設定がオンになっている、ノートパソコン側面、Wi-Fi管理アプリ、もしくはFnボタン上でWi-Fiが入になっていることをまずお確かめください。

(1)近所の無線親機の電波とぶつかっている、近所の電波に負けている
(2)無線LAN親機の性能を上回る数の端末とつながっている
(3)無線LAN親機にぶら下がっている子機端末の中に、通信量が極端に多いものがあったり、極端に接続状態が悪いものがあったりする
(4)無線LAN親機にぶら下がっている子機端末の接続規格がまちまち(ある端末は 802.11n、別の端末は802.11b といった場合)
(5)その他の無線LAN親機側の問題
(6)無線LAN子機側の問題
(7)パソコンの問題

更に、(5)無線LAN親機側の問題としてありうるのは
(5a)親機の省電力モードが働いているため、しばらく通信しないと切れてしまう
(5b)親機側がプロバイダとの接続を維持する信号を送る設定(PPPキープアライブ)にしないと接続が切れる
(5c)親機のファームウエア(機器のマイコンプログラム)に更新が必要な不具合がある
(5d)無線親機の持つ多機能を一緒に酷使している(NAS、有線スイッチ、プリントサーバ、VPNなど。複数の中継機をぶらさげるのも負荷が高いと思われる)
(5e)親機の規格が古い
(5f)親機が故障している

更に、(6)無線LAN子機(パソコン内蔵型を含みます)側の問題としてありうるのは
(6a)子機の省電力モードが働いているため、しばらく通信しないと切れてしまう
(6b)子機のドライバーソフトに不具合がある
(6c)親機と中継機、SSID同一の複数の親機、メッシュ中継など、ローミングが発生する環境での子機の切替タイミングが適切でない
(6d)子機の規格が古い
(6e)子機が故障している

解決しやすい対策について、結論を言いますと
(A)新しい規格の親機に交換する
(B)パワーや接続可能台数、搭載CPUなど、性能が良い親機に交換する
(C)なるだけ 5GHz帯の電波を使う(IEEE802.11ax[Wi-fi6 5GHz]、IEEE802.11ac[Wi-fi5-5GHz]、IEEE802.11a)子機が対応していればバンドステアリング機能を設定。

詳細説明といきます。

(1)近所の無線親機の電波とぶつかっている
  近所の無線親機の電波に負けている
・・・例えば android や windows10 では、wifiアナライザなどのアプリが有って、自分の電波が周囲とどれだけぶつかっているか容易に見ることができます。
以前は以下のように説明していました。
山がぶつかってるな、重なってるな、という時は、親機を操作してチャンネル手動設定にしたうえで、チャンネルを切り替えます。また一部の無線子機(子機内蔵パソコン)は親機が割り当てた一部のチャンネルを受け付けないことがありますので、その場合は、無線子機が受け付けられるチャンネルに合わせてあげましょう。
今は、親機電波がいっぱい飛び過ぎていますので、それでは追いつきません。子機(パソコン、スマホ)が5GHzの電波に対応しているのなら、5GHzの無線電波で通信するよう設定したほうが的確です。ただ5GHzの電波は到達距離が短く障害物に弱いので、適宜中継機をおいてあげます。親機が5GHzに対応していなければその親機は古すぎるのでこの際新しいものに交換します。
更に、無線親機の設置位置を子機に近い位置に移動するか、ハイパワーの無線親機に交換しましょう。

(2)無線LAN親機の性能を上回る数の端末とつながっている
・・・スマホが少なかった時代の古い無線親機なら、新しいのに取り換えましょう。接続可能台数が多く、性能の良いものの方がいいです。

(3)無線LAN親機にぶら下がっている子機端末の中に、通信量が極端に多いものがあったり、接続状態が悪いものがあったりする
・・・古い規格 (wi-fi 4以前)の親機であればこういう問題が発生します。最新規格のものに取り換えます。

(4)無線LAN親機にぶら下がっている子機端末の接続規格がまちまち(ある端末は 802.11n、別の端末は802.11b といった場合)
・・・子機(子機端末)を新しい規格のもの(古いPCだと内蔵のをやめてUSB端末を使うとか)に交換すると接続規格が揃います。

(5a)親機の省電力モードが働いている
(5b)親機側がプロバイダとの接続を維持する信号を送る設定(PPPキープアライブ)にしないと接続が切れる
・・・無線親機の設定を適切な設定に変更してください。

(5c)親機のファームウエア(機器のマイコンプログラム)に不具合がある
・・・親機のファームウエアが最新かどうか確認し、最新でない場合はファームウエアを、無線親機のメーカーサイトから入手して更新してください。

(5d)無線親機の持つ多機能を一緒に酷使している(NAS、有線スイッチ、プリントサーバ、VPNなど。複数の中継機をぶらさげるのも負荷が高いと思われる)
・・・原因としてはあり得ますので、別々の専用装置に役割を分散してあげるのも手です。

(5e)親機の規格が古い
・・・新しいものに交換してください。

(5f)親機が故障している
・・・メーカーに修理を依頼するか、交換してください。

(6a)子機の省電力モードが働いている
・・・これは意外と盲点です。他のノートパソコンは調子良いのにこのパソコンだけだめ、というような時はこの可能性があります。windows vista以降のパソコンの電源設定を省電力モードにしていると、Wi-Fiが省電力モードになっていることがあります。この場合は、省電力モードを解除してやってください。

(6b)子機のドライバに不具合がある
・・・パソコンメーカーのwi-fiパソコンでしたら、メーカーのアップデート確認プログラム、自作系wi-fiパソコンでしたらマザーボードのアップデート確認プログラム、専用子機をお使いの場合は専用子機メーカーのアップデート確認プログラムにて、ドライバの更新がないか確認し、更新があればアップデートしてください。

(6c)親機と中継機、SSID同一の複数の親機、メッシュ中継など、ローミングが発生する環境での子機の切替タイミングが適切でない
・・・windowsの場合、ドライバーの詳細設定で改善することがあります。

(6e)子機が故障している
・・・メーカーに修理を依頼するか、交換してください。

(7)パソコンの問題
・・・メモリ、記憶装置、マザーボード等の不具合、ウイルス等、いろいろ考えられますのでメーカーまたは専門家にお問い合わせください

共有データのアクセスが遅い

(公開:2014年11月7日)

◎性能の良いものを選びましょう!
ネットワークストレージ(NAS)は、多少高くても性能の良いものを選びましょう。

◎中継機器も高速で新しいものを!
回線を混雑させないためにも、中継機器(ハブ・スイッチ)も高速タイプのものを選びましょう。
パソコン側にも注意。古いパソコンには最新の通信アダプターを付けると改善することがあります。
あまり古いLANケーブルは劣化していることがあるので交換しましょう。高速対応のものを推奨します。

◎流れる信号を減らしましょう!
パソコンから余計なパケット信号が出ることでネットワーク機器に負担をかけないよう、設定を見直しましょう。

◎パソコンの設定を見直しましょう!
パソコンによっては、設定変更することで、改善することがあります。windowsパソコンの場合、初期設定が必ず良いとは限りません。

◎フォルダ・ファイルの整理整頓が大切
知らず知らずのうちに不要なファイルがたまっていませんか? 保存されているファイルの数が増えると、処理能力が下がります。不要なファイルは消しましょう。一つのフォルダに多くのファイルを溜めないように。ゴミ箱や一時ファイルが盲点です。

◎健康診断は大切です。
NASには、定期的に障害診断を行い、軽度のものを修復してくれる機能をもつものがあります。
設定画面を確認し、定期的に障害診断を行うよう設定いたしましょう。
NASも、パソコン同様、アップデートプログラムが発表されることがあります。ファームウェアが最新であるか設定画面で確認し、ファームウェアを最新のものに更新しましょう。不具合が解決されることがあります。

◎機器にも気を配りましょう!
人間やペットと同様、顔色はどうか、辛そうにしていないか、気にかけてやることは大切です。
例えばRAIDハードディスクの多くは、1個ハードディスクが故障していても、片肺で一生懸命動作しています。そのまま使用すると死んでしまいます。普通の外付ハードディスクドライブは、前触れ無く死ぬことがあります。前触れの異常表示が出ていれば幸運なことなのです。異常だけどとりあえず動くから良いから放っておこう・・・これが大惨事につながります。
異常表示が出ていないか、いつもと違っていることは無いか、気にかけてやりましょう。

※以上は解決方法の一例です。緊急性と費用を考えて、優先順位を決めて実施することが大切です。

お客様のネットワーク接続関連でお困りでしたら・・・ご相談を承ります。お問い合わせ下さい。

法人様、個人事業主様 以下に該当する方はお電話下さい
◎サーバー(NAS)を前任者に組んで(設定して)もらったが、今は放ったらかし状態になっている
◎サーバー(NAS)が最近どういう状態なのか分からない。心配だ
◎サーバーがきちんとバックアップされているかどうか分からない
◎RAIDで保存しているので、バックアップは万全だと思っていた
◎RAIDの設定状態を把握せずに、単に購入時の設定で運用している
◎インターネット接続が遅い
◎共有フォルダへのアクセスが遅い
◎うちの設備は落雷・停電対策されているのだろうか
◎うちも無線LANを導入したい
◎社内のデータを共有管理したい
◎パソコンの調子が悪い
◎ウイルスが心配だ
◎パソコンを置き換えたい、等々