業務用PCの乗り換えに、アップグレードではなく買い替えをお勧めする理由

以前に、弊社記事 windows7終了迫る。windows10への移行はお早めに(2) にて、

・windows乗り換え方法 として、今あるPCをそのまま活用する方法もある と書きましたが、できればやめたほうが良いです。アップグレードではなく買い替えをお勧めします。

最も大きな理由は、
・いま普通に使えているパソコン環境をなくしてしまうと、業務に支障がでることが多い
どういうことかというと、PCはハードウェアとwindowsだけで使えているわけではありません。オフィスソフト、会計ソフト、CADソフト、セキュリティソフト、スマホのバックアップ・・・、これらすべて今のパソコンで普通に使えていました。普通に使えるのは、windows7を使われていたらwindows7の環境に適したバージョンのものが入っているからです。
これをアップグレードすることによって、これらのソフトがwindows7の環境に適していた状態が崩れることによって、正常に動かなくなることが十分あり得ます。

やはり一番いいのは、
・新しく windows10 が入っている別のPCを1台用意して、そこに今まで使っていたデータをコピーして、そこに今まで使っていたソフトを順次インストールしていくやり方です。
その理由は
もし新しい環境でトラブルがあっても前のパソコンに戻って作業ができますので仕事が止まりません。windows7のサポート期限の20年1月までに問題を出し切って正常に使えるようにしていけばいいという余裕があります。

今では onedrive という「同期機能」を使える便利なクラウド環境がありますので、以前より楽かつ便利に 新旧パソコンを並行して使用できる期間を設けることができます。パソコンを買い替えて、しばらく新旧環境を並行して運用されることをお勧めします。

関連記事
windows7終了迫る。windows10への移行はお早めに(1)
windows7終了迫る。windows10への移行はお早めに(2)
windows7終了迫る。windows10への移行はお早めに(3)
windows7から10へのアップグレード再チャレンジのすすめ
まだライブメールを使っている方、サポート期限を過ぎています

最近パソコンの遠隔サポート依頼を多くいただいております。

最近パソコンの遠隔サポート依頼を多くいただいております!!
遠隔サポート依頼に使用するのが、この「TeamViewer」というアプリ。
最近のバージョンで、サポート中に遠隔のパソコンに再起動をかけた後再接続できるようになり、便利になりました。

遠隔サポートで、例えば
・軽度のウィルス、悪性ソフトや画面広告の駆除ができます
・お客様の協力が要りますがダウンロード版のセキュリティーソフトをインストールできます
・メールソフトやオフィスソフトの軽度の不具合を修復することができます。
・アプリの取り扱い方法をサポートできます。

Lineで友だちになっていただけましたら、画像や映像を当方に送っていただいて診断の参考にさせて頂くこともできます。

《ご利用方法》
1.お客様のパソコンには、この「TeamViewer」というアプリをインストールいただき実行していただきます。
2.お電話かチャットアプリにて、画面に表示された 「使用中のID」「パスワード」を私どもに教えて頂きます。 
3.以下の方法で遠隔操作を切断できます。
・お客様により、「TeamViewer」を終了された場合
お客様により、再起動もしくはシャットダウンされた場合
・私どもが「TeamViewer」を終了した場合
・私どもが遠隔でお客様のPCをシャットダウンした場合
・私どもがお客様のパソコンへの再起動操作をする際に、私どものPCに出てくるダイアログにて「パートナーを待つ」を選択しなかった場合
※お客様から教えて頂く遠隔操作パスワード(英数混じりで6桁)はセッション毎に変わりますので、切断後に相手から意図せず再接続されることはありません。(お客様もしくは別の保守業者等により、お客様のPCが他のPCから常時遠隔操作できるよう意識的に設定されているPCについてはパスワードが変更されないことがあります)

2年半全く使用していないwindows10パソコンのサポートを実施

2年間全く使用していないパソコンのサポートを実施しました。やはりそのまま使用すると支障があります。
・メーカー製セキュリティーソフトの期限が切れていますので、更新しないとセキュリティーソフトの機能が果たせません。windows10のセキュリティ機能の一部が止まったままですので更に危ないです。
・パソコンメーカー付属アプリの更新が行われていませんので、不具合が残ったまま使用することになるかもしれません。
・windowsサポートの期限が切れています。このパソコンのwindowsバージョンは1511(今の最新バージョンは1903)。このwindowsは、17年10月でwindowsアップデートの提供は終了しています。(windowsアップデートの提供期間は2年間ですので、提供期限が切れるまでに windows機能更新を行わなければなりません)

そのため当店では
・セキュリティソフトの更新(今はネットでダウンロード版を購入できるので楽になりました。ご希望により更新作業の面倒の要らない自動更新もできます)
・パソコンメーカー付属アプリの更新(今回はBIOS更新と、リカバリーツールの更新が含まれていました。)
・windows機能更新を手動で実施(1511バージョンのwindows10はサポートが切れているため、自動でwindows機能更新をしてくれませんので手動で更新することになります。最新の1903バージョンはハードウェア構成によっては問題が指摘されていますので、手持ちの1個前のバージョン(1809)のインストールメディアを使って更新を行いました。

関連記事
windows10をお使いの方に、年2回やってほしいこと
この表示が出ていれば、windows10を最新バージョン化準備OK。