置き去りのパソコンに大切なデータ。いつまでも取り出せると思ったら大間違い!

今年は、windows7 のサポート終了に伴い、大量のパソコンの置き換えが進みましたが、そのために古いパソコンが使わないで放置されているご家庭が多いかと思います。またその古いパソコンに大事な写真などがそのまま残っていたりしますが、「まだ故障していたわけでもないし、そのうち移行すればいい」と思っている方も少なからずいると思います。

それは「甘い」です!!

パソコンは、テレビなど一般の家電製品よりずっと、壊れやすいんです。大切なデータが入っているハードディスクドライブ(HDD)は、使わないで放置しておくと特に壊れやすいんです。

もし大切なデータが、古いパソコンに置き去りになっていたら、「早め」にバックアップして取り出しておくことをお勧めします。もしパソコンが起動しなかったり故障していたとしても、HDDさえ壊れていなければ、当社にて取り出すことはできます。ちなみにバックアップ先は複数をお勧めします。例えば外付けHDDとDVD、外付けSSDとDVD、USBメモリとDVDなどです。

写真であれば敢えて紙媒体のアルバムを作って保存するのもいいです。昔ながらの紙媒体のアルバムが一番確実安心です。パソコン上からレイアウト作成できる、VistaPrint のようなフォトブック作成サービスもあります。https://www.vistaprint.jp/hub/easy-photobook?xnav=PhotoGifts_PrimaryTiles_1_pc82_cta0

古いパソコン、内蔵HDDを放置しておけばおくほど、内蔵HDDのデータが取り出せなくなる可能性が高くなります!! 

ご希望がございましたら当社はデータの取り出しを代行いたします。

——————————————————————————————————————-

寿命で壊れやすい部品として、ノートパソコンの液晶、スイッチ、コネクタ類、マザーボード基板の他に、写真など、大切なデータを記憶するハードディスクドライブがあります。ハードディスクは寿命が来たら壊れるんです。

http://park12.wakwak.com/~eslab/pcmemo/hdisk/index.html
ハードディスクは、回転している磁気の円盤(プラッタ)と、円盤にデータを読み書きするヘッドと、ヘッドをコントロールする可動アームなどの部品からなっており、パソコンを使っている間は複雑かつ頻繁な動作をしています。それがしばらく使わずに放っておくと、うまく動かなくなるということが結構あるんです。故障原因は例えば
(1)可動部分の機械的故障
(2)円盤の経年劣化
(3)制御基板電気的故障
(4)制御基板に記憶されているプログラム(ファームウェア)のメモリの故障
(5)制御基板のメモリまたは円盤に掛かれている制御データの故障
がありますが、年式が古ければいつ壊れても不思議でないものばかりです。

——————————————————————————————————————-

最近、パソコンが立ち上がらないという相談を受けた方のパソコンには、こんな表示が出ていました。

この方のパソコンは15年くらい前の windows xp 時代のもので、年に1回、年賀状を印刷するために利用になっていました。しかし今年パソコンを立ち上げようとしたら、こうなってしまったとのことです!!

残念ながら、この方のハードディスクドライブは、どのパソコンでも認識しない状態になっていました。このケースではデータ復旧を依頼した場合、分解して円盤を取り出して解析修理になりますから、業者にもよりますが十数万以上請求される事例です。

このお客様は、大切なデータの取り出しをあきらめられたのですが、皆様はそうならないよう、大切なデータはバックアップを、特にお勧めいたします!!

近頃のネット接続が遅いのを解決する方法

顧客の間で「夜間や土日のネット接続が遅くて大変」という話を頂きますが、コロナの影響でリモートワークが普及してきたため、昼間でもネット接続が遅いようです。フレッツ光をお使いの方は、プロバイダが推奨するIPv6接続を使ったサービスが、解決するための選択肢になります。

参考になるサイトがありましたので紹介いたします。

夜間のフレッツ光が遅いのはv6プラスで改善できる!(かも)

IPv6(IPoE)のまとめ、乱立する「v6プラス」「Transix」「OCNバーチャルコネクト」を比較する

※以下はフレッツ光とNTT回線を使っている光コラボについての話。電力系やケーブルテレビ系、Nuro光については触れていません。

要点をまとめると 
・もとからのフレッツ光のネット接続方式は、接続時にプロバイダ認証が必要な PPPoE。
これだとプロバイダ接続者の増加で認証拠点が混雑して、スピードのボトルネックになっていた。それを解決したのが v6プラスなどで採用しているIPoE方式
・v6プラスなどで採用しているIPoE方式にすると、フレッツ光ネクストハイスピードタイプの最高速度が、200Mbpsが 1Gbps になります。(もちろんケーブルや機器が1Gbpsに対応していることは必要ですが)
 
・さて、従来のインターネット接続は、IPv4のみでしたが、現在は IPv4 と IPv6 を使っているので、どちらの接続もできなければなりません。v6プラスなどで採用しているIPoE方式は、IPv6のためのものなので、それだけではIPv4は接続できない。それを解決するために、IPv4 over IPv6 という方式を使っている。
・日本の主なプロバイダでは、IPoE と IPv4 over IPv6 をセットで使えるところが主流。
 
・契約プロバイダがIPoE と IPv4 over IPv6に対応していれば、プロバイダ(OCN、so-net、biglobe、@nifty、ぷらら、excite、GMO、…)に申し込むだけで可能。大抵申し込みも解除も無料でできる。光回線開通時に渡される書類を引っ張り出してきて、お客様IDとアクセスキーを伝える必要があります。

・ご自宅や会社等で、インターネットを使って、サーバー開設(一部の遠隔監視カメラやゲームも該当するかもしれない)、VPN通信を行っている場合、v6プラス等の方式は原則的にそのままでは使えないです。
・ルーター※の中にはv6プラスなどに対応していないものがありますので、製品仕様をよく見てください。(古い機種や、海外メーカーの機種など)IPv4 over IPv6は、海外で一般的な規格ではないもののようです。
※v6プラス対応/非対応が問題になるのは、接続する通信機器をルータとして使う場合だけです。回線業者が支給する装置にすでにv6プラス対応ルーターが入っていれば、その後ろに付けるwifi親機は、一般家庭では通常、v6プラス対応/非対応どちらでも問題ありません。(wifi親機はアクセスポイントモードで設定してください)

(例えば、ASUS社の Wi-Fi6対応のメッシュWi-Fiルーター ですが、製品仕様をよく見ると、v6プラス非対応と書いてあります)

データの詰め込み過ぎは故障の原因

(公開:2016/12/25 追記:2020/11/12)

年末は、パソコンの中身を整頓してみましょう。
パソコンへのデータの詰め込みすぎは、遅くなるばかりでなく、故障の原因になります。
windowsパソコンでしたら、windowsの一部機能が壊れてだめになることがあります。windowsの機能がだめになったら、アプリやデータの削除を伴う、一般にはリカバリーを行わなければならなくなります。(我々は、その前にデータの取り出しをおこなったり、リカバリーをしないでwindowsの機能を復旧することを試みますが、時間が掛かります。)

windowsをお使いのPCをお使いの場合、パソコンの内部では、我々が快適に使えるように陰でデータの読書きをしています。荷物の積み下ろしや整頓に空きスペースが要るのと同じく、パソコンの中身にも空きスペースが必要です。全体の3分の1から4分の1の空きスペースを確保しておくと快適に使えます。

中身を整頓するには、(1)不要なデータを消す (2)データを外付けメディア(外付けハードディスクドライブ、外付けUSBメモリ、DVD-Rナドの光学メディア)に移す などがありますが、

(1)不要なデータを消す・・・といっても、
・何を消してよいか分からない
・どのように消してよいか分からない

という疑問が出てきます。
必要なデータを消してしまって、メニューが出なくなった、ファイルが見えなくなった、プリンタが使えなくなった、windowsが立ち上がらなくなった・・・といって当店に来られる方がおみえになります。
★ネットから、ウイルスを含んだ削除ツールをインストールしてしまって、ウイルスに困って当店に来られるかたがおみえになります。

そうなってしまう前に、気軽に一度私たちにご相談下さい。

(2)データを外付けメディアに移す方法についても、ご相談に応じます。お気軽にどうぞ。

追記:最近のパソコンは、ディスク容量も大きくなりましたので、ディスクがいっぱいになるまで使用される事例は以前より減ってきたように思えますが、時々は、各ドライブのディスクの空き状況をご覧ください。

windows10の場合:
・エクスプローラの左ペインを展開して「PC」を探してクリックして
・画面上部の「表示」メニューの「レイアウト」から「並べて表示」または「コンテンツ」を選びます
・より詳細には、各ドライブのアイコンを右クリックして「プロパティ」を選びます

その他、ディスクの空きが知らず知らずのうちに少なくなる方には
バックアップ設定(システムの復元、ファイル履歴、など)の領域を多めに設定したことを忘れてしまっておられるケースがそこそこあります。