とにかく、フィッシングメールが多く来るんです

これほとんどすべてフィッシングメール

これすべてフィッシングメール!

最近私は、レンタルサーバーを使う会社ドメインメール、プロバイダーのメールも含めて、メール送受信ソフトはgmail を使っています(ヤフーその他はそれぞれのwebメールを使っています)。理由は、複数の別の端末を使って作業するので、送受信削除内容が同期していると使いやすい為。

それはともかく、迷惑メールフォルダを見てみると、驚くことにほとんどがフィッシングメール。

実は、仕事に使う会社ドメインメールは、windows10付属のメールアプリでも受信できるようにしている。gmail は 自分とこのgmail メール以外については、新規受信メールを確認しにいく間隔が長いので、直近に来たメールを見落とすことがあるからです。(その都度gmail の設定メニューの奥深くまで入って、「メールを今すぐ確認する」リンクをクリックすれば新規受信メールを確認できますが、面倒くさい)

windows10付属のメールアプリ。フィッシングメールの餌食になるようなもの。

その、windows10付属のメールアプリがひどい。こんなもの使っていたら、フィッシングメールの餌食になるようなもの。フィッシングメールを防ぐことができないばかりでなく、パソコンに詳しい人なら金融機関や運送業者のなりすましメールかどうか「メールヘッダー」を見て確認するのですが、それもできない(ただしマイクロソフトのwebメールを遣えば確認できるらしい(未確認))。windows10には、フィッシングメールを開くときに警告をだす機能はあるにはありますが、効くかどうか疑わしいです。

オフィスソフト付属のアウトルックには、迷惑メールフォルダ仕訳機能はありますが、ィッシングメールを防ぐものではないです。

そういうことを考えると、まだ gmail は現時点ではフィッシングメール除去機能がしっかりしているように思えます。なので、「gmail以外、新着メールが来るのが遅い」という不便さを除けば、gmail をメールソフトに選ぶのは、複数端末を1人で管理する限りは、フィッシングメールを防ぐのにコストパフォーマンスが良い方法だと思います。

でも、複数人がメールを扱う職場ではそんなわけにはいきません。だれかがうっかりフィッシングメールを踏んでしまったら、お金が抜き取られたり情報が抜き取られたりします。

フィッシングメール対策を手間なく行うのは、やはりUTMという機械。

最低限の機能のものなら、月間1万円からレンタルできますから、これ設置しておけばいいですよ。初期設定は簡単。ネットワークに詳しい人なら自分でやればいいですし、プロに任せても、他のネットワーク機器の設定費用よりはずっと安いですよ。これ入れておきましょう。