自作パソコン組立のため出張

(公開:2012/6/14)

 岐阜県揖斐郡大野町からのサポート依頼。
 自作パソコンを組み立てようとしたが、途中で行き詰ったため組み立ててほしいとのこと。

 スペックは最新型 Ivy Bridge 対応マザーボードに、Core i7- 3770、メモリは16GB、128GB-SSD×1、3TB-HDD×2、ケース前背面と上面側面にファン有、ファンコントローラ有。高性能グラフィックボードを含むゲーム向け構成。これだけのスペックともなれば、BTOパソコンのオプション付きを購入するよりも、自作で揃えた方が安かったとのこと。

 訪問した時には、ケースにCPUとマザーボードが固定されていたので、そこから組み立てればよいと考えていた。電源ケーブル、ファンを取り付けようとしてCPUファンを触ったところ、ファンがぐらついた。CPUファンがしっかり取り付けられていなかったらしい。
 その他にも、ケースとマザーボードをを固定するスペーサーが欠落しておりマザーボードがたわむ、CPUのグリスが多すぎる、メモリも斜めに刺さっていた、など見つかったため、マザーボード取り付け用のスペーサー追加 からやり直した。

 マザーボードをたわませると、基板パターンへのストレスとなり、パターン断線やチップ部品やICの故障につながるので注意が必要。CPUのグリスが多すぎて基板やICに付着するのも良くない。CPUファンの取り付け不良は、PCが突然落ちたり固まったりし、遂には故障する、といったことが起きる原因になる。

 マザーボードとグラフィックボードへの電源供給と、全面パネルスイッチとLEDコネクタへの配線が整ったところで火入れし、まずは問題ないことを確認。DDR3-1600メモリが搭載されているにもかかわらず、UEFI(BIOS)上で 当初DDR3-1333 で動作する設定になっていたため、設定を変更している。
 次に、ファンの向きに注意して取り付けてファンコントローラの電源コネクタへ接続、ファンコントローラや各ドライブへの電源コネクタと信号コネクタの接続、前面USB、オーディオ等の配線等を行い、動作確認実施。

 お客様によれば、ここからの作業(ファンコントローラの温度センサーの配置や調整、OSのインストールなど)は自分でやるとのことなので、ここで作業終了。

 後にお客様ご自身にてwindowsのインストールをやってみたものの、「2基の3TB HDDを認識しない、ネットワーク接続ができない どうしたらいいですか?」 といった相談を受けたので、電話サポートを実施した。(「コントロールパネル」-「管理ツール」-「ディスクの管理」を使ってHDDの認識すること、マザーボード添付のCDを使ってドライバーをインストールした後でないとネットワーク接続できないこと 等)
その後、問題なく使えております、という感謝の報告を受けております。

(2017.10.20 追記)現在、自作パソコンの組立代行および修理につきましては、持込、宅配、引取のみの対応とさせていただいております(出張先での組立修理は行っておりません)。よろしくお願いします。