ドスパラ BTOパソコン 「再起動を繰り返す」を修理する

(公開:2011/7/25)

岐阜県大垣市からの持込修理依頼。当店の問い合わせフォームからお問い合わせいただいた。
マザーボードはmsi x58 pro-E、CPUは Core-i7 920、メモリはDDR3-1066 Three Channel (3GB)。OSはwindows xp。
電源投入直後からwindows のロゴが出るか出ないかの間までのタイミングで電源が落ち、再起動が起きる症状。

原因は マザーボード。グラフィックボードが挿入されていた PCI-Express バス回りの故障。
お客様と相談の上、マザーボード交換を実施。交換したマザーボードは、ASRock X58 Extreme6。SATA3, USB3.0にも対応している。
マザーボード交換にあたり、今まで使っていた水冷式CPUクーラーを流用した。
そのCPUクーラーは、CoolIt systems Domino A.L.C. (DM-1000)と称し、ドスパラで一時期発売されていたかなり多機能のもの。現在は売られていない。

マザーボード交換に伴い、BIOS設定、windows修復インストール、ライセンス認証、ドライバ類等のインストール(順不同)を実施。
ついでに、2TBを超えるハードディスクを認識できるように、ASRock 3TB+ Unlocker もインストールした。
交換後のマザーボードでは、USB2.0用のピンヘッダが1個に減っていたので、USB2.0ピンヘッダに接続してあったフロントパネルのUSB端子は殺し、オーディオIN・OUT端子と、カードリーダーは使えるようにした。そのためにUSB2.0ピンヘッダ用プラグの配線をし直した。コネクタ用ピンは、樹脂の爪に引っ掛かって抜けない構造になっているので、それを精密ドライバ等で浮かせて抜く。樹脂の爪を折らないよう注意。
従来フロントパネルに有ったUSB端子を使えなくした代わりに、USB3.0対応の3,5インチベイ用増設アダプタを接続した。

修理を受け付けてから納品まで5日。