DELL Optiplex GX620 「起動後必ずフリーズ」を修理(緊急依頼)

(公開:2011/7/24)

岐阜県大垣市の法人様からの修理依頼。
「ウイルスバスター2011クラウドのインストール中にパソコンが固まった。その後windowsを起動すると、しばらくすると必ずフリーズしてしまって使いものにならない状態」とのこと。
このパソコンが直るまで仕事ができないので、至急対応を希望されていた。

パソコンを預かって調査を行うと、以下のことが分かった。
・パソコンのハードディスクの一部に読み取りエラーを起こす箇所があった。
・パソコンに古いウイルススキャンソフトが2個以上常駐していた。
・ハードディスクにウイルスやスパイウェアが数種類以上感染していた。
・フリーズする前に、フロントパネルのファンの音が以上に大きくなる。
・スタートアップ起動に、結構重いソフトウェアが複数登録されていた。

そのため、以下の処置を行った。(順不同)
・ハードディスク換装(データの移動はsector by sector)
・ウイルス、スパイウェアの駆除(HDDは別PCに接続)
・起動時に開始するサービスの一部とスタートアップ起動項目の一部を停止(safe mode上にてmsconfig等)
・ディスクのチェックおよび修復
・windows 修復インストールおよび、アップデート実施
・Norton Internet Security 2003 のアンインストール
・Norton System Works 2005 のアンインストール
・もう一種類のウイルススキャンソフトのアンインストール
・Dell Optiplex GX620のBIOSとドライバのアップデート(念のため)
・スタートアップ起動の管理支援ツールのインストール
・不要な一時ファイルや不要なレジストリを削除するツールのインストール・実行
・ディスクを強力に最適化してくれるツールのインストール・実行
・ウイルスバスター2011クラウドのインストールの再試行に失敗。削除ツールで削除。
・無料で軽量のウイルススキャンソフトのインストール。
・放熱板の清掃。CPUと放熱板の間のグリス再塗布等。

これらの処置の結果、パソコンを業務に支障がないレベルに回復させることができた。
いくつか考えられたフリーズの要因のうち、マルウェアによるもの、複数のウイルススキャンソフトの競合によるもの、スタートアップ時の高負荷によるものを取り除くことができた。
時々ファン音がうるさくなるのが気掛かりだが、一応これで様子を見ていただくことにした。
パソコンは昼過ぎに修理品をお預かりして、翌日朝8時半過ぎに納品した。
修理品納品後1.5日後時点では、業務に問題は生じていないという。ただ今後同じようなフリーズが起きるようだと、windows再インストールや、CPUやマザーボード修理・交換等を視野に入れる必要が出てくるだろう。

本来、トレンドマイクロに問い合わせて、指示を仰いでインストールを完了させるところだったのだが、緊急を要したため(さすがに深夜には問い合わせに応じてくれない)、代替のウイルススキャンソフトのインストールに相成った。その後のお客様の話によると、トレンドマイクロのソフトのインストールをせずに、今回インストールしたソフトの有料版にアップグレードされる予定とのこと。