とにかく、フィッシングメールが多く来るんです

これほとんどすべてフィッシングメール

これすべてフィッシングメール!

最近私は、レンタルサーバーを使う会社ドメインメール、プロバイダーのメールも含めて、メール送受信ソフトはgmail を使っています(ヤフーその他はそれぞれのwebメールを使っています)。理由は、複数の別の端末を使って作業するので、送受信削除内容が同期していると使いやすい為。

それはともかく、迷惑メールフォルダを見てみると、驚くことにほとんどがフィッシングメール。

実は、仕事に使う会社ドメインメールは、windows10付属のメールアプリでも受信できるようにしている。gmail は 自分とこのgmail メール以外については、新規受信メールを確認しにいく間隔が長いので、直近に来たメールを見落とすことがあるからです。(その都度gmail の設定メニューの奥深くまで入って、「メールを今すぐ確認する」リンクをクリックすれば新規受信メールを確認できますが、面倒くさい)

windows10付属のメールアプリ。フィッシングメールの餌食になるようなもの。

その、windows10付属のメールアプリがひどい。こんなもの使っていたら、フィッシングメールの餌食になるようなもの。フィッシングメールを防ぐことができないばかりでなく、パソコンに詳しい人なら金融機関や運送業者のなりすましメールかどうか「メールヘッダー」を見て確認するのですが、それもできない(ただしマイクロソフトのwebメールを遣えば確認できるらしい(未確認))。windows10には、フィッシングメールを開くときに警告をだす機能はあるにはありますが、効くかどうか疑わしいです。

オフィスソフト付属のアウトルックには、迷惑メールフォルダ仕訳機能はありますが、ィッシングメールを防ぐものではないです。

そういうことを考えると、まだ gmail は現時点ではフィッシングメール除去機能がしっかりしているように思えます。なので、「gmail以外、新着メールが来るのが遅い」という不便さを除けば、gmail をメールソフトに選ぶのは、複数端末を1人で管理する限りは、フィッシングメールを防ぐのにコストパフォーマンスが良い方法だと思います。

でも、複数人がメールを扱う職場ではそんなわけにはいきません。だれかがうっかりフィッシングメールを踏んでしまったら、お金が抜き取られたり情報が抜き取られたりします。

フィッシングメール対策を手間なく行うのは、やはりUTMという機械。

最低限の機能のものなら、月間1万円からレンタルできますから、これ設置しておけばいいですよ。初期設定は簡単。ネットワークに詳しい人なら自分でやればいいですし、プロに任せても、他のネットワーク機器の設定費用よりはずっと安いですよ。これ入れておきましょう。

wifi接続が不調ならファームウェアの更新確認も行いましょう

ファームウェア更新画面の例

wifi中継機のファームウェア更新設定画面の例

ネットワーク接続関連で多く依頼のあるのは、wifiがよく切れる、つながらないなどの接続の不調です。原因として、親機(無線ルータ、アクセスポイント、中継機など)から遠くて電波が弱いとか、近隣から別の強いwifi電波が出ていて電波干渉しているとか、それ以外にもいろいろ考えられますが、wifi親機や子機(パソコンに接続する外付けUSB受信デバイス、パソコンやスマホ内蔵の受信デバイスなど)のファームウェアが最新のものに更新されていないことが原因になっていることがあります。ここでファームウェアとは、wifi親機や子機を制御するために入っているマイコンを動かしてwifi親機や子機を、セキュリティを保ちながら正しく動かすためのプログラムのことです。

サポートのために訪問してみますと、このファームウェアを更新することによって良くなることが結構ありますので、このファームウェアが最新であるか確認して、もし最新でなければ更新することをお勧めします。ファームウェアの更新によって、セキュリティ対策が強化されていることもあります。

wifi子機のうち、子機が内蔵の場合のファームウェアは、パソコンやスマホ等の更新指示に従っていれば自動的に行ってくれますので気にしないでよいでしょう。

あとドライバ(子機がwindows、macOS、iOS、アンドロイドでうまく動作させるためのプログラム)も最新でなかったり、適切でなかったりすることも稀にあります。(古いパソコンの場合)

やり方がわからない、やるのが煩わしい、やってみたけど改善しなかった・・・の時には遠慮なく私どもまでご相談ください。

関連記事
社内でネットワーク共有しているモバイルPCを持ち出す際には、「パブリック」設定にするのをお忘れなく
wi-fi に「セキュリティ上のぜい弱性」。ファームウェア等の更新が必要