windows10へのアップグレードを阻んでいた意外な原因

(公開:2017/10/29)

 動作が遅いのを解決してほしいと依頼されたwindow7搭載のPC。3年前に中古PCとしてお買い求め頂いた、DELL inspiron530。いろいろ高速化の手は尽くしたけれど、まだ遅いので、思い切ってwindows10にアップグレードしてしまうことにした。windows10は起動を速くする仕組みがあるため、起動が速いためである。現状のレプリカを取ったうえで実験してみることにした。

 windows7動作中に、windows10のインストールDVDを入れて、そのDVDドライブ上のセットアッププログラムを起動させたが、プログラムが途中まできたところで、

   Trend Micro Internet Security 2009   このアプリはwindows10と互換性がないため、今すぐアンインストールしてください。

というメッセージがお出ましになった(冒頭の写真)。でも、このPCには現在ウイルスバスター2009なんか入っていないし、このPCは数年前のサポートの際、削除ツールを使って削除したはずだ。なのになんでだろう?

レジストリエディタというアプリを使って調べていたところ、Buffalo のアプリ DriveNavi の中にあるファイルが原因だということが分かった。(写真の VBuster というフォルダ)

このフォルダを削除した。その結果

windows10へのアップグレードができるようになった。

でも、なぜ Buffalo のハードディスクユーティリティーのフォルダー に、ウイルスバスター関連のフォルダーがあるのだろう? 不思議ではあった。Buffaloアプリの仕様で取り込まれたのか? ウイルスなのか?

ピーオーエムの願い

PCの修理・サポート

(公開:2017/10/27)

住まいのWi-Fi環境を改善して快適にしたい‼

・今やノートPCの他にスマホやタブレットを持つのは珍しくありません。家の中のどこに居ても快適につながるようにします!
・家族一人ひとりがWi-Fi機器を持つ時代。家族大勢が一度にWi-Fiを使っても、快適にネットが使えるようにします!
・携帯電話代が高くて困っている・・・家ではWi-Fi接続しましょう。きっと通信料金は下がるでしょう。
・「最近ネットにつながりにくくなった、よく切れる、遅くなった」というのを解決します!
・Wi-Fiの通信方式に詳しい専門家が対応します!

パソコンを早く立ち上げてサクサク快適にしたい‼

・手っ取り早くパソコンを快適にできる方法があります。ご相談ください‼
  ハードディスクドライブからSSDへの載せ替えをお勧め‼
  ・速くなるだけでなく、静かになり、省電力になります!
  ・ノートPCを動かしたまま持ち歩いても大丈夫になります! ノートPCのバッテリーの持ちが良くなります!
・フォトショップ、イラストレーター、各種CADをお使いになる方から、メールとネット閲覧のみの方まで、
 使用環境に応じてアドバイスいたします‼
・その他、私どもがチューニングすることで快適になる事例、windows7から10にアップグレードを推奨する事例、買い替えをお勧めする事例についても親身になってアドバイスいたします‼

大切なデータを守りたい‼

・パソコン、外付けハードディスクのデータ、ネットワークハードディスク、寿命があるこれらの機器を適切にバックアップする方法を提案します‼
・軽いバックアップソフトを使うバックアップ方法を提案いたします‼
・適切なネットワークハードディスクの購入をサポートいたします‼
・ネットワークハードディスクのメンテナンスはとかく忘れがち。診断結果をメールで通知するよう設定致します‼
・ネットワークハードディスクのウイルス対策も忘れがちです。対策方法をアドバイスいたします‼

もちろん

・パソコンが故障した、windowsが立ち上がらない、データが消えた、ウイルスに感染したらしい、液晶が割れた、ネットにつながらない、などを解決いたします‼

ウイルスバスター環境でWindows 10次期大型アップデートを適用すると不具合が発生する

(公開:2017/10/22)

ウイルスバスター環境でWindows 10 Fall Creators Updateを適用すると死のブルースクリーンが発生する不具合
修正モジュールの配布を開始
(INTERNET watch)
https://internet.watch.impress.co.jp/docs/news/1087011.html

 先日の ESET internet security の win10次期アップデートに向けた更新という記事で、

 年2回実施するとされている、windows10の大型アップデートは、大幅な変更になりますので、windows10をお持ちの方は、ESETに限らず一般的なウイルス対策ソフトや、バックアップソフト、オフィス製品やイラストレータなどのデザイナー向け製品で、更新のお知らせが来ているものは、事前に更新しておかれたほうが良いでしょう。

 と申し上げましたが、今回は、「ウイルス対策ソフト側において対策が間に合わなかった」ということでしょうか。

 ブルースクリーンでてしまった状態で再起動をかけるとアップデート前のwindows10に戻る–>直ちにトレンドマイクロ社の修正モジュールを実行–>そして再起動–>そのうえでwindows10の大型アップデートを適用する  こうすればよいとのことです。

 心配なのは、運悪くこれらの操作中に、ハードディスクドライブやSSDの調子が悪くなること。これまでも、
windowsにサービスパックを当てている最中に壊れてしまった例がたくさんありました。やはりサービスパックや大型アップデートをかけると、多くのファイルを一度に書き換えるため、ディスクへの負荷が高くなるからでしょう。

 万一こうなっても慌てないように、普段から、「Acronis True Image(法人向けは Acronis Backup)」「easeus todo backup(法人向けはこちら)」などのソフトウェアを利用して、システム丸ごとイメージバックアップしておくことをお勧めします。私は、windowsに付属しているイメージバックアップツールは勧めません。理由は、windowsに付属しているツールでは大型アップデート前後のバックアップデータの整合に不安、windows7や8.1、10 それぞれ操作方法を覚える必要があって面倒、だからです。これらのバックアップソフトには、単一PC用としてはmac OSに対応したものもありますし、Acronis Backupは、windowsサーバー、mac、linuxサーバー/ワークステーション も網羅しています。マイクロソフトもサードパーティー製のバックアップソフトを推奨しているという記事を読んだことがあります。