googleで「インターネットアクセスがブロックされている」と出るのを解決

(公開:2016/12/18)

 大垣市の方からの相談があり、出張サポートを実施。
グーグルでショッピングサイトを開こうとしたら、「インターネットアクセスがブロックされている」と出てくるようになった。

 インターネット・エクスプローラでは問題なく開けた。

 セキュリティソフトの不具合だと思われるので、何が入っているか見てみる。今回のケースはマカフィーだった。
そこでマカフィーの操作画面を開こうとするが開かない。仕方ないので削除することにする。

 まず、フリーソフトがいっぱい入っていて、マルウェア(ウイルス)が多く入っていそうだったので、駆除を実施。結構たくさん発見!

 次に、もう一度マカフィーの画面が開くか確認したけれども、ダメだったので、削除する。
通常の方法では削除できなかったので、ツールを使って強制削除の後、別のツールで完全削除を行う。

 グーグルとの通信がwindowsファイアーウォールでブロックされているのを解除して、グーグルの問題は一応解決。
マカフィーのライセンスが有効なら再インストールしないともったいないので、契約状況を確認したら、契約切れから3年半経過してた(驚)。

 ご家庭に、現在使用してないPCで有効なウイルスバスターのライセンスがあったので、ウイルスバスターをPCに入れてライセンス移行、動作確認して作業完了。

動きが遅くてキー入力さえ困難なPCの修復

(公開:2016/12/13)

 岐阜県北方町の建設業者様からのご依頼。
 PCはこちら。(東芝 PD731/T6EWT PD731T6ESTWT windows10にアップデート)

 まずは状況確認。なかなか起動しない。起動中にもこんな画面が5分以上。電源入れて40分くらいして windows10の起動音が出た。

 何とか起動はしたものの、キー入力さえままならない。
 途方も無く時間がかかりそうなので、お預かり修理にさせていただく。

 修理ベンチにて、まずはHDDが壊れていないか確認。もしも壊れたまま作業すると、お客様の大事なデータがダメになってしまうからである。
 昔のPCだったら、用意したDVDを入れてさっさと確認できるのだが、最近のPCはセキュリティ強固なのでそうはいかない。
 症状が症状なので、HDDを取り出して機械に通して確認する。写真は分解したところ。(赤く囲ったのがHDD)

 HDDを確認したところ故障劣化はしていなかったので、もとに戻す。

 とにかくwindowsを軽い最小環境「セーフモード」で動かせないことには、何も出来ない。
パソコンの電源を入れて(このパソコンは無操作5分でスリープする設定になってたので)十回位だろうか、寝ているパソコンを起こすのを繰り返しているうちに、buffaloの「ease file sort」というアプリのでかいアイコンが出てきたので、すかさずこのアプリを停止させる。そうすると、少し軽くなった。

 軽くなったからなのか、あまりにも重いため潜んでいたエラーも出るようになった。

 こんなエラーも

 やっと「セーフモード」まで持っていけそうだ。(写真クリックで拡大)

「セーフモード」に入ったものの・・・

まだ重いぞ~。なぜ?
 そうだ! タスクマネージャーを見てみよう!

 4GBのメモリが入ってるのに、使えるメモリは900MB。ハードウェア予約済3.1GB。これは明らかに異常な状態。

 メモリーを4GBから 6GB に増設してみるが(差してあった2GBのメモリを、この4GBのに差し替えた)

 メモリを増設したけど、使えるメモリは増えない。ハードウェア予約済が 5.1GB に増えとる。(写真クリックで拡大)

 「タスクマネージャー」を見る。  えっ RAM DISK? (゚◇゚;)!!!

 結局、動きが遅くてキー入力さえ困難なほどPCが重かった原因は、この RAM DISK アプリ の設定にあった。
 この RAM DISK アプリは windows10では動作しない。実際に探したところwindows上にRAMドライブは割り当てられていなかった。ゾンビとして残っていて使えなくなっていた RAM DISK アプリが、目一杯 PC内のメモリを奪うように設定されていたため、メモリをいっぱい食う windows10 を動かすというのに、わずか 900メガバイトのメモリ容量しか使えていなかったというものでした・・・。

 直ちにこのアプリを削除したら、まだ遅いけれども、使い物にはなる速度になった。
 でも、まだ問題があるので、修復はつづく

windows7で更新プログラムの確認が終わらない場合の対処法

(2017/10/21 追記)
・この情報は古いです。マイクロソフト社で改善されているようですので、
「windows7 更新プログラム 確認 終わらない」でgoogle検索をして、最新情報を得られることをお勧めいたします。
「ぼくんちのTV別館」(https://freesoft.tvbok.com)では情報を毎月更新しておられます。(2017/10時点)
(2017/10/21 追記以上)

(公開:2016/12/12)

 久しく使ってなかったり、再セットアップしたりした window7パソコンを更新しようとした時、このような画面が出たまま一晩かかってもアップデート出来なかった時の対処方法の一案です。お試しあれ。

 【結論】次の(1)~(4)の更新プログラムを、番号の順序で、一つずつ手動でダウンロードしてインストールいたします。(64ビット版windows7パソコンの場合)
 (写真の番号は上から、(1)(2)(4)(3)です)

windows7パソコンには、64ビット版と32ビット版の2種類があります。32ビット版windows7では、それぞれ
・windows6.1-KB3138612-X86
・windows6.1-KB3153199-X86
・windows6.1-KB3172605-X86
・windows6.1-KB3177467-X86
になります。異なる版の更新プログラムを入れるとwindowsが動かなくなるので注意!

 お使いのパソコンが64ビット版か32ビット版か調べるには、コンピューターのプロパティから分かります(写真のみ。詳細は省略します)

  

【ダウンロード方法】

(1)例えば、windows6.1-KB3138612 の 64ビット版をダウンロードしたい時は、
 「windows7 KB3138612 x64」 で検索すると、 Windows 7 for x64-Based Systems 用更新プログラム(KB3138612)がヒットするので、それを選びます。
 (32ビット版をダウンロードしたい時は、「windows7 KB3138612 x86」で検索して、 Windows 7 用更新プログラム(KB3138612)を選びます。

 (2)出てくる画面の指示にしたがってダウンロードします。言語を選択しなければならない場合は、「japanese」「日本語」を選びます。(写真は64ビット版 KB3138612 の例

  

【インストール方法】

(1)おまじないをかけます。
・windows update サービスを停止しておきます

  

  

 windows update サービス が「開始」になっていたら、「サービスの停止」をクリックしてサービスを停止します。

  

(2)先ほどダウンロードしたファイルを実行します。

 「インストール条件を満たしていません」「インストール不要」と出てきたら、次の更新プログラムのダウンロード、インストールに移ります。