ネットバンキングを狙う偽メール・ウイルスに注意

 すでにテレビのニュースや新聞、ネットでも報道されておりますが、現在ネットバンキングを狙う偽メール・ウイルスによる被害が多発しております。

 このウイルスは、主に銀行を騙った偽メールに添付された文書ファイルを開封すると感染します。
ネットバンキングの偽のログイン画面が表示され、利用者が誤ってIDやパスワード、口座番号などを入力してしまえば、攻撃者のサーバーに情報が自動転送され、あれよあれよという間に、口座から現金が引き出されてしまいます。
ブラウザー(インターネット・エクスプローラやグーグル・クロームなど)で開かれたページを経由して情報を引き抜くため、固有のパスワードだけでなく、使い捨ての湾タイムパスワードすらも搾取されますので、銀行から渡されたトークンを持っていようがメールでワンタイムパスワードを発行されようが被害防止には無力です。セキュリティーソフトの警告画面さえ無効にしてしまう例もあるため、ウイルス対策ソフトも当てにならないかもしれません。これらはオフィスソフトやウインドウズの脆弱性を狙ったものが多いようです。

 ここまで巧妙かつ悪質になると対策はかなり難しいと思います。危険に常にさらされていると肝に銘じるしかないかと思います。それでもできることといえば、以下のことだと思います。
[ネットバンキングを利用する方は、特に]
・マイクロソフト・オフィスはサポート切れのものを使わない
・ウインドウズはサポート切れのものを使わない
・ウイルス対策ソフトは信頼できるものを使う
・Java、フラッシュプレーヤーなどは必要なければ導入しない
・怪しげな無料ソフトは導入しない
・windows、officeをはじめ、adobe reader、java、flash player、各種ブラウザ、iTuneなどの更新を怠らない
・ウイルス感染が疑われたら、windowsの初期化を行う(購入時の状態に戻す)
・以上の管理に確信が持てないときは、ネットバンキングを利用しない

パソコンで音声検索をやってみましょう

 最近タブレットやスマホを購入して重宝しているのは、音声検索です。確かにスマホで文字入力するのは大変なので、音声で検索語句を入力できれば大変楽です。調べたい語句をスマホやタブレットの前でしゃべれば、そのまま検索できてしまいます。

 実はこれ、パソコンでもできるんです。

【用意するもの】
・マイク(マイク付ヘッドホンでもよい)

images (1)

【準備】
(1)マイクのミニピンプラグを、パソコンのマイクジャックに差し込みます。パソコンによっては端子がピンク色になっていたり、マイクのマークが付いているので、そこに差し込みます)
(2)パソコンを立ち上げます。

ダウンロード (2)

(3)パソコンの画面を見渡して、このマークが見当たりますでしょうか?→もし見当たれば、すでに google chrome が導入されているので、(7)へ進みます。
(4)スタート画面を見渡して、このマークが見当たりますでしょうか?→もし見当たれば、すでに google chrome が導入されているので、(7)へ進みます。
(5)スタート画面で「すべてのプログラム」を開いたら、「google chrome」という項目が見当たりますでしょうか→もし見当たれば、それをクリックして google chromeとそのマークが見当たれば、すでに google chrome が導入されているので、(7)へ進みます。
(6)インターネットを見るために、インターネットエクスプローラ(「e」のマークのアイコン)を使っている場合は、インターネットエクスプローラを起動して、google chrome をダウンロードして、導入します。
(7)上のマークのアイコンをクリックして、google chromeを起動します。

google

(8)このような画面にならないときは、一番右のタブの右側の小さいタブをクリックします。

tab

(9)Googleのページが出てきて、Googleの文字の下に検索窓が出てきます。
 その一番右の マイクのマークをクリックします。

mic

(10)最初だけ、画面の上に「https://www.google.co.jp/がマイクへのアクセスを求めています[許可][拒否]」と表示されますので、「許可」をクリックします。
(11)「お話しください」という表示が出ます。ここで、検索したい語句を話します。たとえば「東京スカイツリー」と言ってみます。

images (2)

(12)話し終わると、認識された語句が表示され、その後で検索結果が出てきます。

skytree
skytree2

おもしろいので、やってみてください。

【うまくいかないとき】
・スピーカーやモニターを介してマイクに接続している場合、雑音が乗ってうまくいかないときがあります。マイクをパソコンのマイク端子に直接つないでください
・マイクのレベル調整が必要なことがあります。