DELL studio1747 HDDデータ救出とSSD換装

(最終編集:2012/12/11)

同型機種

 岐阜県不破郡関ヶ原町からの持込修理依頼。2011年10月に当店で修理いただいたお客様。PCはDELLの大型ノートパソコン、studio1747。OSはwindows7 home premium 64ビット版。購入後約1年半。ハードディスクは、システム用に500GBのもの1台、それとは別にデータ用のもの1台内蔵。
 パソコンを起動すると、「ハードディスクが壊れています。至急バックアップを取ってください」と表示されたとのこと。2011年10月の時と症状としては同じ。

 windowsは立ち上がるので、前回修理の時に導入したHDD健康診断ソフトで確認したところ、Cドライブの s.m.a.r.t.データが異常状態を示していた。今回もハードディスクの故障だ。前回はデータドライブの故障だったが、今回は500GBのシステムドライブの方の故障。
 データサルベージを行ったが、殆ど全てのデータが救出でき、若干のシステム異常個所を修復した結果、換装したディスクにてwindows7が無事に起動した。

 今回はお客様との打ち合わせにて、システムドライブを240GBのSSDに換装した。SSDのメリットとして、音が静か、高速(起動が早い)、振動などの衝撃に強いので取り扱いが楽、などがある。
 お客様に動作確認いただいた際に、思わず「起動が速いね」と言っていただけた。
 脆弱性攻撃を受けやすいソフトウェアのアップデートを行って作業完了した。

VPCEB4AGJ データ救出とHDD換装実施

  岐阜県大垣市の法人様への訪問引取り修理。機種はソニー VAIOノート VPCEB4AGJ。OSは、windows7 professional 64bit版で spなし。今年9月に同様の作業をさせていただいたお客様。
 お客様によると、前回修理時にパソコンに常駐させておいたHDD健康診断ソフトが、しばしばHDD劣化通知を出していたが、特に問題なく動作していたので、引き続き使い続けていたところ、突然起動しなくなったとのこと。前回交換したハードディスクはお客様支給品でオークションで手に入れた中古品とのことだった。

  データサルベージの結果、殆どのデータが無事に救出でき、新しいハードディスク上でファイルシステムの修復後再起動かけたところ、無事にwindows7が起動した。
 使用して1年半あまりで2度ハードディスク故障、前回のHDD交換から3ヶ月で再び故障したことから、今回はSSDの換装をお勧めしたのだが予算の関係で今回は見合わせということだった。取り扱い上の注意をお願いした。また本格的なイメージバックアップソフトの導入もお勧めした。