windows機能更新中に電源切った後起動しないのを解決

(公開:2017/11/19)

 依頼者様がお仕事で使用されていたwindows10pro 搭載パソコン。少し目を離した隙にwindowsの機能更新(Fall Creators Update)が始まってしまい、慌てて電源を切ったら、windowsが起動しなくなってしまったというもの。電源を入れると、「自動修復を~」という表示がしばらくした後に再起動し、それが延々と繰り返される。
 依頼者様はその後マイクロソフトに指示を仰ぎ、メディアクリエーションツールを使って起動ディスクDVDを作られたとのことだが、そこから先の修復方法が分からないということだった。

 パソコンをお預かりして、そのDVDから起動して、一旦クリーンインストール画面に入り、「今すぐインストール(I)」に行かずに「コンピュータを修復する(R)」を選び、「別のオペレーションシステムを使用」を選択し、

「windows10」を選択すると、何とかwindows10が起動した。

 でも起動の都度この方法で10分近くの手間をかけて起動するわけにはいかず、完全修復を試みる。
なお、このパソコンのwindows10のバージョンは、2015年11月にリリースされた、Threshold 2 (TH2)と呼ばれる、すでにサポート対象外のバージョンだった。2016年6月、2017年4月の機能更新プログラムは適用されていなかった。

 完全修復には、再度、起動DVDから起動して、windowsのブート関連のファイルを数個再構築する必要があった。

 これで普通にwindowsが起動するようになったが、windowsの機能アップデートは成功しなかったが、これは各種設定変更、そして念のため拡張ボードを外してから再挑戦した。今度は成功した。
 最後に 業務中勝手にwindowsの再起動を行わないようにアクティブ時間の設定を行った。

PCの内蔵SSDの空き容量なくiPhoneのバックアップができない

(公開:2017/11/7)

128GB SSD搭載のNECノートパソコンの動作が重く、空き容量が全く足りない状態。
システムの復元領域も無く、ページファイルも休止状態ファイルも無い。それでも空き容量300メガバイト程度。相当深刻。今回ご用命を受ける前にディスクのクリーンアップ実施済とのこと。迷惑アプリを完全削除し、さらに使わないであろうファイルをお客様と相談して削除したが、容量増加は大して望めない。
iTunesで行うiPhoneのバックアップファイルは、一般的にCドライブにユーザフォルダの隠しフォルダ内にあるが、それを移動させるしかなさそうだ。外付けHDDをPCに接続しそこにiPhoneのバックアップファイルを移動して、移動元の場所に移動先の場所のリンクを張る作業。これで内蔵PCのSSDの空き容量が55GB(Cドライブの60%程度)まで広がる。これでiTuneの更新やwindowsの更新すらできなかったのがこれでできるようになりました。