無線LAN、Wi-Fi 設定

複数のwifi親機のあるご家庭の受信環境の改善例

(公開:2017/11/1)

 広い2階建ての店舗付き住宅のご家庭。間取り・店舗設備・建材の影響でwifi電波の飛びが悪く、2台のwifi親機を使用。(一時は3台の親機と1台の中継機を使用されていたが、調子が悪く途中で使用中止)

 従来
 ・2階(角部屋)に、新しいwifi親機A(ハイパワーでない、IEEE802.11a/b/g/n/ac機(5GHz帯と2.4GHz帯)(866+300Mbps)
 ・1階(角部屋)に、古いwifi親機B(ハイパワーでない、IEEE802.11b/g/n機(2.4GHz帯のみ)(300Mbps)

 眠っていた親機を追加して、以下のように変更した
 ・2階(角部屋)に、新しいwifi親機A(ハイパワーでない、IEEE802.11a/b/g/n/ac機(5GHz帯と2.4GHz帯)(866+300Mbps)【変更なし】
 ・1階(角部屋)に、古いwifi親機B(ハイパワーでない、IEEE802.11b/g/n機(2.4GHz帯のみ)(300Mbps)【変更なし】
 ・1階(中央リビング)に、眠っていた古いwifi親機C(ハイパワー、IEEE802.11a/b/g/n機(5GHz帯と2.4GHz帯)(300+300Mbps)【追加】

 更に
 ・親機A, B, C のSSID(親機の識別記号)を統一
    2.4GHz帯・・・ 〇〇〇〇ーG
    5GHz帯・・・ 〇〇〇〇ーA
 ・親機AとC, 親機BとC で電波が干渉して不安定にならないように、親機A,B,C のチャンネルを調整(親機AとBの干渉はないことは分かっている)

 これで、家族全員が今まで以上に安定してwifi電波を利用してスマホでネットが使えるようになった。もちろんスマホやPCへのwifiの設定は1個だけ(共通のSSIDと暗号キーの組み合わせのみ)。
 これでスマホのデータ通信費の節約になる。

 今後は、家庭内で電波の弱いスポットをなくすこと。また、もし電波が強いにもかかわらず、家族全員一斉にwifiを使ったときに通信が遅くなるようなら、最新機能を持ったwifi親機への載せ替えが必要になる。

 
次のページ »