PC修理・サポート事例

PCの内蔵SSDの空き容量なくiPhoneのバックアップができない

(公開:2017/11/7)

128GB SSD搭載のNECノートパソコンの動作が重く、空き容量が全く足りない状態。
システムの復元領域も無く、ページファイルも休止状態ファイルも無い。それでも空き容量300メガバイト程度。相当深刻。今回ご用命を受ける前にディスクのクリーンアップ実施済とのこと。迷惑アプリを完全削除し、さらに使わないであろうファイルをお客様と相談して削除したが、容量増加は大して望めない。
iTunesで行うiPhoneのバックアップファイルは、一般的にCドライブにユーザフォルダの隠しフォルダ内にあるが、それを移動させるしかなさそうだ。外付けHDDをPCに接続しそこにiPhoneのバックアップファイルを移動して、移動元の場所に移動先の場所のリンクを張る作業。これで内蔵PCのSSDの空き容量が55GB(Cドライブの60%程度)まで広がる。これでiTuneの更新やwindowsの更新すらできなかったのがこれでできるようになりました。


« 前のページ次のページ »