PC修理・サポート事例

iTunesの更新、削除ともに出来ないのを直した

 海津市南濃町の方からの持込サポート依頼。機種はソニーvaio VPCCBシリーズ。iTunesの更新、削除ともに出来なくなり、iTunesを最新版にできないためiPhoneとの同期が出来なくなって困っているとのことでした。 ひょっとしてwindows7から10に更新したからだろうか?と思いwindows7に戻してみたけど改善せず、またwindows10を入れてみたけど改善しないとのことでした。

 実機で削除を試みると以下のメッセージが。 「選択した機能は現在使用できないネットワークリソースにあります。[OK]をクリックして再実行するか、インストールパッケージ‘iTunes.msi’を含むフォルダに対する代替パスを以下のボックスに入力します。」

 完全削除ツールを用いて削除できたように思えましたが、次に最新版をインストールする時に、また同じエラーが出てきてしまいましたので、 エラーメッセージに表示されるフォルダ(パス)名を、レジストリ編集ツールで検索したところ、iTuneの削除に使用しているレジストリキーが見つかりましたので、削除をし、再度最新版をインストールいたしますと、成功いたしました。

 このパソコンには不要アプリが数個以上入っておりましたので完全削除ツールで出来るだけ削除し、更にマルウェア駆除ツールで駆除を行うことになりました。

vaio

デスクトップPCの言語バーが消えたのを修復

 不破郡関ヶ原町の方からの持込サポート依頼。機種はhp pavillion p6-2160jp。osはwindows7。日本語IMEの言語バーが消えて出てこなくなったというご相談。言語バーが出てこないことには日本語入力ができない。当社のサイトの検索もローマ字アルファベットでたどり着いたとのこと。さて、画面の解像度を上げ下げしても、言語バー設定を変えても出てこなかった。結局 ctfmon.exe というシステムファイルを起動時常駐させる結論に行き着き、そのように設定させていただいた。

 なぜそうなったかは不明だが、ウイルス対策ソフトが、2年半前で購読期間が切れていたままだった。それではまずいので、3年有効のウイルス対策ソフトを導入した。

hp

iPadのwifi設定及びappleID登録(出張サポート)

(公開:2016/3/22)

 本巣市の方から、iPadのwifi接続サポート依頼がありました。wifi親機はバッファロー WHR-300HP2 だったと記憶しています。後日、Buffalo のサイトを見ると、iPad用アプリ QRSetup を使ってセットアップすると便利、というようなことが書いてありましたが、我々は手動でSSIDと暗号キーをiPadに入力して完了しました。当初のSSIDと暗号キーで設定できなかったため、パソコンで親機と通信して、現在のSSIDと暗号キーを控え、それを入力しました。

 その際、途中借用した、親機と通信するための富士通パソコン。windows10搭載だったのですが、どうも元windows7が入っていたとのことで、スリープ後、もしくは時間経過後、クリックので意図した動きをしなくなりました。マウスを取り付ければ問題なく動作したのですが、どうもwindows10を入れたことによる不具合っぽいです。やはり、やたらwindows10は入れないほうがいいと思いました。

 iPadのwifi接続後、appleIDの設定、お客様がiPadで求めていたベネッセの教材アプリを3種類程度導入、ついでに wifi親機のファームウェア更新を行ってきました。

apple
« 前のページ次のページ »