その他一般

DELLのデスクトップPCに外付けUSB HDDを接続したら、メーカーロゴで固まってしまったのを解決

(最終編集:2017/10/13)

・PCは、DELLのデスクトップPC vostro200 ミニタワータイプ。osはwindows7。 ・外付けハードディスクドライブは、IO-DATA HDJA-UT2.0。冷却ファンこそ付いていないが中堅モデルである。電源連動型。

 この組み合わせで、簡易なイメージバックアップ環境を整えようとしていたが、残念なことにPCにUSB端子を接続したまま電源を入れると、DELLのロゴで固まってしまった。メーカーに尋ねたら、「フォーマットしたら解決する可能性があります」と言われたけれど、ネットで同様の事例を検索したところ、「BIOS設定を変えると直る」など、いろいろ出てきた。

このような状態で固まります。

 そもそも、DELLのロゴで固まるというのは、「内蔵/外部の機器との接続に問題があって、windowsの起動に移れない」ことを示しており、一般的によくあるのは、機器が電流を引っ張りすぎているもの。IO-DATAのハードディスクドライブの初期不良ということも考えられたが、windows起動後につないでデータを読み書きする分には全く問題がないため、故障の可能性は低い。DELLのBIOSプログラムの相性が悪いという見方もできた。

 そこで、デスクトップPC内のPCI expressバスに差し込むことができるUSB3.0インタフェースボードを、DELLのPCに差し込んで、そのボードから出ているUSB端子に、HDJA-UT2.0 のUSBケーブルを差して使用することにした。先ほどのようにPCの電源投入後、DELLのロゴで固まることがなくなったのは言うまでもない。

 ちなみに今回刺したインタフェースボードは、玄人志向の USB3.0RD-PCIE というものである。なおこのボードは、ロープロファイル対応ではないので、ビジネス用のスリムタワー型のパソコンには接続できない。


PCのデータが全て飛びました。でも1時間程度で完全復旧しました。

 6月29日の朝、私の事務作業用のパソコンの様子がおかしかった。画面を見たら真っ青な画面にエラー表示。PCをリセットすると、今度は真っ黒な画面の上に「Reboot and Select proper Boot device」という文字が出る。「これはマズいかも」と思う。一般にパソコンにはBIOS設定機能というものがあるので、それを開いてみると、パソコン本体が、内蔵のハードディスクドライブ(HDD)を認識していないことが分かった。

「最悪のパターンだ~! 中のデータが全て飛んでしまった~!」

 

でも、私は全く動じませんでした。私のPCには、PC内蔵ハードディスクの内容を丸ごとバックアップするアプリが入っていて、毎朝外付けHDDに自動的にバックアップするよう設定してあったので、全く無問題。HDDを予め用意してあったのに交換し、バックアップ内容を復元することで完全復旧。所要時間約1時間。 一般のユーザーさんにとってみれば、「パソコンの内蔵HDDを交換どうやってやるの?」ということがあるかもしれないが、それで外部業者を呼んだとしても一番早く復旧できる。

  

◎今回と同じような事が発生した場合  ・データを全くバックアップとって居なかったら・・・・重要なデータが入っているなら悲惨です。データ復旧業者に頼むしか方法がなく、価格も数万以上。しかもデータ復旧する保証はない!  ・重要なデータ(ドキュメントや写真のみ)だけバックアップとってある・・・・バックアップしてあったデータは安全。よかったですね。でも、PCを立ち上げる必要がある。リカバリーDVDはありますか? 無ければメーカー取り寄せまたは修理。リカバリーディスクがあったとしても、リカバリーに2~30分以上、アプリのインストールや設定に1時間以上、アップデート・・・時間が掛かるので1日では終わりません。使えるようになるまでに時間と手間がかかります!  ・丸ごとバックアップがとってある・・・バックアップを取ったときの状態に、大抵1時間前後で復旧します! ただし、「バックアップを取ったときの状態」です! バックアップを取ったのが随分前だったら、それ以降のデータは戻りません!  ・丸ごとバックアップを自動で行えるようスケジューリングしてとってある・・・これが万全です。  (更に内蔵HDDを多重・冗長化して、ダウン時間をなくすことが出来れば言う事無しですが、一般のパソコンではそこまでやらないでしょう)

  

ハードディスクは消耗品!パソコンのバックアップは丸ごと、自動でスケジューリングしてとっておきましょう!

  

DSC_0029

DSC_0029

私は写真のように、PCの左側の外付HDDに毎日バックアップしております(左はネットワークHDDのバックアップ用、右はPC内蔵HDDバックアップ用)週1回完全バックアップ、残りの日は増分バックアップ(前日との違いのみバックアップ)

 


iPadのwifi設定及びappleID登録(出張サポート)

(公開:2016/3/22)

 本巣市の方から、iPadのwifi接続サポート依頼がありました。wifi親機はバッファロー WHR-300HP2 だったと記憶しています。後日、Buffalo のサイトを見ると、iPad用アプリ QRSetup を使ってセットアップすると便利、というようなことが書いてありましたが、我々は手動でSSIDと暗号キーをiPadに入力して完了しました。当初のSSIDと暗号キーで設定できなかったため、パソコンで親機と通信して、現在のSSIDと暗号キーを控え、それを入力しました。

 その際、途中借用した、親機と通信するための富士通パソコン。windows10搭載だったのですが、どうも元windows7が入っていたとのことで、スリープ後、もしくは時間経過後、クリックので意図した動きをしなくなりました。マウスを取り付ければ問題なく動作したのですが、どうもwindows10を入れたことによる不具合っぽいです。やはり、やたらwindows10は入れないほうがいいと思いました。

 iPadのwifi接続後、appleIDの設定、お客様がiPadで求めていたベネッセの教材アプリを3種類程度導入、ついでに wifi親機のファームウェア更新を行ってきました。

apple
次のページ »