メモリ交換・増設

動きが遅くてキー入力さえ困難なPCの修復

 岐阜県北方町の建設業者様からのご依頼。  PCはこちら。(東芝 PD731/T6EWT PD731T6ESTWT windows10にアップデート)

 まずは状況確認。なかなか起動しない。起動中にもこんな画面が5分以上。電源入れて40分くらいして windows10の起動音が出た。

 何とか起動はしたものの、キー入力さえままならない。  途方も無く時間がかかりそうなので、お預かり修理にさせていただく。

 修理ベンチにて、まずはHDDが壊れていないか確認。もしも壊れたまま作業すると、お客様の大事なデータがダメになってしまうからである。  昔のPCだったら、用意したDVDを入れてさっさと確認できるのだが、最近のPCはセキュリティ強固なのでそうはいかない。  症状が症状なので、HDDを取り出して機械に通して確認する。写真は分解したところ。(赤く囲ったのがHDD)

 HDDを確認したところ故障劣化はしていなかったので、もとに戻す。

 とにかくwindowsを軽い最小環境「セーフモード」で動かせないことには、何も出来ない。 パソコンの電源を入れて(このパソコンは無操作5分でスリープする設定になってたので)十回位だろうか、寝ているパソコンを起こすのを繰り返しているうちに、buffaloの「ease file sort」というアプリのでかいアイコンが出てきたので、すかさずこのアプリを停止させる。そうすると、少し軽くなった。

 軽くなったからなのか、あまりにも重いため潜んでいたエラーも出るようになった。

 こんなエラーも

 やっと「セーフモード」まで持っていけそうだ。(写真クリックで拡大)

「セーフモード」に入ったものの・・・

まだ重いぞ~。なぜ?  そうだ! タスクマネージャーを見てみよう!

 4GBのメモリが入ってるのに、使えるメモリは900MB。ハードウェア予約済3.1GB。これは明らかに異常な状態。

 メモリーを4GBから 6GB に増設してみるが(差してあった2GBのメモリを、この4GBのに差し替えた)

 メモリを増設したけど、使えるメモリは増えない。ハードウェア予約済が 5.1GB に増えとる。(写真クリックで拡大)

 「タスクマネージャー」を見る。  えっ RAM DISK? (゚◇゚;)!!!

 結局、動きが遅くてキー入力さえ困難なほどPCが重かった原因は、この RAM DISK アプリ の設定にあった。  この RAM DISK アプリは windows10では動作しない。実際に探したところwindows上にRAMドライブは割り当てられていなかった。ゾンビとして残っていて使えなくなっていた RAM DISK アプリが、目一杯 PC内のメモリを奪うように設定されていたため、メモリをいっぱい食う windows10 を動かすというのに、わずか 900メガバイトのメモリ容量しか使えていなかったというものでした・・・。

 直ちにこのアプリを削除したら、まだ遅いけれども、使い物にはなる速度になった。  でも、まだ問題があるので、修復はつづく


再起動を繰り返すパソコンを診断しました

 大垣市の方からの修理依頼。faithのデスクトップパソコン。マザーボードはbiostar g31-m7。ネット閲覧中に突然落ち、その後電源を入れてもモニターに何も映らなくなり、それから再起動を繰り返すようになったとのことです。

faith

 まず、パソコン内部の空冷ユニットにホコリが詰まっていたので取り除き、電源を入れると、全ての冷却用ファンは回っていることが確認できました。起動時のピッという音がしてしばらくすると、2回短いブザー音がしました。ひょっとしてメモリ異常でしょうか?

sankou

 メモリを交換してから電源を再び入れると、異常を示すブザー音はしなくなりました。モニターを付けると正常に表示しました。ハードディスクドライブの信号コネクターを取り付けると、普通にwindows10が立ち上がりました。

 これまでの作業中に、ウイルス対策ソフトの導入と、メモリー増設を依頼されましたので、それぞれ行いました。 その途中で、有線インターネット接続が不安定、DVDドライブを認識しない、という2つの症状がありましたが、再起動を繰り返す症状が解決したため、こちらは後日にということになりました。これも残念ながらwindows10にアップグレードしたことによる弊害です。


NEC PC-LL370JD 動作が遅いのを直す

(公開:2016/3/11)

 瑞穂市の法人の方からの出張サポート依頼。機種はNECのノートPC PC-LL70JD。OSは windows vista。元々動作が大変遅かったが、これから取引先とメール送受信することになり、現状では業務に支障が出るので診て欲しいということで、診断させていただいた。

 遅い原因は3つあり、(1)メモリが768MBしか搭載されていなかった。これには驚いた。当時メーカーがこんな貧弱な仕様のモデルを販売していたことにである。購入時から使い物にならなかっただろう。相当辛抱して使用されていたものと推測する。(2)100GBのハードディスクドライブが満杯に近かった。これもパソコンを遅くする原因である。(3)windows vista のサービスパックという更新がされていなかった。まあこのPCの仕様では2度行わなければいけないサービスパック更新は無理だっただろう。

 メールやネットでの使用だけなら、このパソコンをwindows7にアップグレードすることも考慮したが、ハードディスクの使用時間が2万時間をオーバーしていたことと、ホコリが内部に若干入っているようだったので、お客様にて新しいPCを購入いただき、必要なデータや設定を移行することを提案し、理解いただいた。

 移行をスムーズに行うため、一旦メモリを2.5GBに増やし、不要ファイル除去と、windowsの更新(2~3日要した)と、その他の最適化を行った。

 以前は、パソコンを立ち上げてアプリを使えるようになるのに20分くらい掛かっていたのが、3分程度になった。

IMG_4419
次のページ »