マルウェア(ウイルス)駆除

googleで「インターネットアクセスがブロックされている」と出るのを解決

 大垣市の方からの相談があり、出張サポートを実施。 グーグルでショッピングサイトを開こうとしたら、「インターネットアクセスがブロックされている」と出てくるようになった。

 インターネット・エクスプローラでは問題なく開けた。

 セキュリティソフトの不具合だと思われるので、何が入っているか見てみる。今回のケースはマカフィーだった。 そこでマカフィーの操作画面を開こうとするが開かない。仕方ないので削除することにする。

 まず、フリーソフトがいっぱい入っていて、マルウェア(ウイルス)が多く入っていそうだったので、駆除を実施。結構たくさん発見!

 次に、もう一度マカフィーの画面が開くか確認したけれども、ダメだったので、削除する。 通常の方法では削除できなかったので、ツールを使って強制削除の後、別のツールで完全削除を行う。

 グーグルとの通信がwindowsファイアーウォールでブロックされているのを解除して、グーグルの問題は一応解決。 マカフィーのライセンスが有効なら再インストールしないともったいないので、契約状況を確認したら、契約切れから3年半経過してた(驚)。

 ご家庭に、現在使用してないPCで有効なウイルスバスターのライセンスがあったので、ウイルスバスターをPCに入れてライセンス移行、動作確認して作業完了。


iTunesの更新、削除ともに出来ないのを直した

 海津市南濃町の方からの持込サポート依頼。機種はソニーvaio VPCCBシリーズ。iTunesの更新、削除ともに出来なくなり、iTunesを最新版にできないためiPhoneとの同期が出来なくなって困っているとのことでした。 ひょっとしてwindows7から10に更新したからだろうか?と思いwindows7に戻してみたけど改善せず、またwindows10を入れてみたけど改善しないとのことでした。

 実機で削除を試みると以下のメッセージが。 「選択した機能は現在使用できないネットワークリソースにあります。[OK]をクリックして再実行するか、インストールパッケージ‘iTunes.msi’を含むフォルダに対する代替パスを以下のボックスに入力します。」

 完全削除ツールを用いて削除できたように思えましたが、次に最新版をインストールする時に、また同じエラーが出てきてしまいましたので、 エラーメッセージに表示されるフォルダ(パス)名を、レジストリ編集ツールで検索したところ、iTuneの削除に使用しているレジストリキーが見つかりましたので、削除をし、再度最新版をインストールいたしますと、成功いたしました。

 このパソコンには不要アプリが数個以上入っておりましたので完全削除ツールで出来るだけ削除し、更にマルウェア駆除ツールで駆除を行うことになりました。

vaio

不正請求アダルトサイト画面消去(出張サポート)

実際に表示された画面とは異なります

実際に表示された画面とは異なります

 岐阜県大垣市の方からの出張サポート依頼。パソコンの機種は、NECの一体型パソコン PC-VN770HS6B (windows7)。不正請求アダルトサイトの画面がしつこく出る、何回消してもしばらくすると出る、というもの。

 このウイルスは、常駐しているウイルスバスターでは防げなかったようだ。ウイルスバスターとは別のマルウェア駆除ソフトを通してみると、画面表示の直接原因は除かれたが、芯の部分が削除されなかったため、再起動させたりすると、再度画面表示が出てしまう。こういう事例もある。別のマルウェア駆除ソフトを通し更に別の処置を施した後に、システムの復元を行ったところ、画面表示しなくなったことが確認できた。

nec
次のページ »