置き去りのパソコンに大切なデータ。いつまでも取り出せると思ったら大間違い!

今年は、windows7 のサポート終了に伴い、大量のパソコンの置き換えが進みましたが、そのために古いパソコンが使わないで放置されているご家庭が多いかと思います。またその古いパソコンに大事な写真などがそのまま残っていたりしますが、「まだ故障していたわけでもないし、そのうち移行すればいい」と思っている方も少なからずいると思います。

それは「甘い」です!!

パソコンは、テレビなど一般の家電製品よりずっと、壊れやすいんです。大切なデータが入っているハードディスクドライブ(HDD)は、使わないで放置しておくと特に壊れやすいんです。

もし大切なデータが、古いパソコンに置き去りになっていたら、「早め」にバックアップして取り出しておくことをお勧めします。もしパソコンが起動しなかったり故障していたとしても、HDDさえ壊れていなければ、当社にて取り出すことはできます。ちなみにバックアップ先は複数をお勧めします。例えば外付けHDDとDVD、外付けSSDとDVD、USBメモリとDVDなどです。

写真であれば敢えて紙媒体のアルバムを作って保存するのもいいです。昔ながらの紙媒体のアルバムが一番確実安心です。パソコン上からレイアウト作成できる、VistaPrint のようなフォトブック作成サービスもあります。https://www.vistaprint.jp/hub/easy-photobook?xnav=PhotoGifts_PrimaryTiles_1_pc82_cta0

古いパソコン、内蔵HDDを放置しておけばおくほど、内蔵HDDのデータが取り出せなくなる可能性が高くなります!! 

ご希望がございましたら当社はデータの取り出しを代行いたします。

——————————————————————————————————————-

寿命で壊れやすい部品として、ノートパソコンの液晶、スイッチ、コネクタ類、マザーボード基板の他に、写真など、大切なデータを記憶するハードディスクドライブがあります。ハードディスクは寿命が来たら壊れるんです。

http://park12.wakwak.com/~eslab/pcmemo/hdisk/index.html
ハードディスクは、回転している磁気の円盤(プラッタ)と、円盤にデータを読み書きするヘッドと、ヘッドをコントロールする可動アームなどの部品からなっており、パソコンを使っている間は複雑かつ頻繁な動作をしています。それがしばらく使わずに放っておくと、うまく動かなくなるということが結構あるんです。故障原因は例えば
(1)可動部分の機械的故障
(2)円盤の経年劣化
(3)制御基板電気的故障
(4)制御基板に記憶されているプログラム(ファームウェア)のメモリの故障
(5)制御基板のメモリまたは円盤に掛かれている制御データの故障
がありますが、年式が古ければいつ壊れても不思議でないものばかりです。

——————————————————————————————————————-

最近、パソコンが立ち上がらないという相談を受けた方のパソコンには、こんな表示が出ていました。

この方のパソコンは15年くらい前の windows xp 時代のもので、年に1回、年賀状を印刷するために利用になっていました。しかし今年パソコンを立ち上げようとしたら、こうなってしまったとのことです!!

残念ながら、この方のハードディスクドライブは、どのパソコンでも認識しない状態になっていました。このケースではデータ復旧を依頼した場合、分解して円盤を取り出して解析修理になりますから、業者にもよりますが十数万以上請求される事例です。

このお客様は、大切なデータの取り出しをあきらめられたのですが、皆様はそうならないよう、大切なデータはバックアップを、特にお勧めいたします!!

大切なデータのバックアップ・・・壊れてからでは遅いです!

(公開:2014年11月8日)

バックアップについての大きな間違い
◎うちは法人用のハードディスクを買ったから大丈夫。「RAIDは良い」というので買った。
説明書を熟知せず、初期設定のまま使用していませんか?
RAID0に初期設定されているRAIDドライブをそのまま使うと、バックアップ機能を果たすどころか、データが壊れやすくなります!(危険性を熟知したうえで高速を追求してバックアップして使っておられれば良いのですが)
RAIDディスクの中には、RAID0に初期設定されていて、初期設定のまま使ったがために、大切なデータが一瞬にして壊れてしまった例があります。
◎うちはRAID搭載ディスクだから、バックアップしなくても大丈夫
誤解されている方が多いですが、RAIDディスクは、バックアップの代わりにはなりません。RAIDには、万一1個のハードディスクが壊れても、当座しのぎに停止することなく使える利点はありますが、大切なデータのバックアップは別個に行うべきものなのです。多くのRAIDディスクはディスクが2個壊れたらおしまいです。事実RAIDディスク搭載の複数のハードディスクが立て続けに壊れてしまって、大切なデータが消えてしまう例が実はよくあるのです。

データ復旧の費用、復旧可能性
◎故障箇所にもよりますし、データ復旧業者にもピンからキリまでありますが、データ復旧費用は、数万円以上するものと認識しておいて下さい。RAIDドライブの障害になりますと、ごく軽度のものを除けば安価なところでも10万円以上が標準です。
◎復旧は100%というわけではありません。障害レベルによっては殆ど復旧できません。期待は禁物です。
◎復旧業者の中には、情報漏洩を行う業者、またはそのような業者に丸投げしている業者、ごく軽度の障害であるにもかかわらず、高額を要求する業者があります。ご注意下さい。
以上のことから、日ごろのデータバックアップの重要性をご理解いただけるかと思います。

お客様の大切なデータのバックアップ・・・ご相談を承ります。お問い合わせ下さい。

法人様、個人事業主様 以下に該当する方はお電話下さい
◎サーバー(NAS)を前任者に組んで(設定して)もらったが、今は放ったらかし状態になっている
◎サーバー(NAS)が最近どういう状態なのか分からない。心配だ
◎サーバーがきちんとバックアップされているかどうか分からない
◎RAIDで保存しているので、バックアップは万全だと思っていた
◎RAIDの設定状態を把握せずに、単に購入時の設定で運用している
◎インターネット接続が遅い
◎共有フォルダへのアクセスが遅い
◎うちの設備は落雷・停電対策されているのだろうか
◎うちも無線LANを導入したい
◎社内のデータを共有管理したい
◎パソコンの調子が悪い
◎ウイルスが心配だ
◎パソコンを置き換えたい、等々

buffalo NAS LS-V1.0TL のデータ復旧実施

(公開:2017/10/8)

 大垣市の自動機設計製造業 T社様からのデータ復旧依頼。機種はバッファローのネットワーク対応ハードディスク(LinkStation) LS-V1.0TL。機器転倒後、パソコンからこのハードディスクのデータにアクセスできなくなったとの連絡をいただく。データを取り出してほしいという依頼。

 依頼者より、EMモード発生、ファームウェア更新失敗という連絡をいただいていたので、ケースからハードディスクを取り出してデータサルベージ上の機器に接続すると、ディスクの劣化損傷あり。HDDを慎重に複製を行う間にも劣化が若干進行していた。

 複製したHDDを確認したところ、ディスク構成(パーティション構成)のデータが一部破損していましたが、ファイルテーブルの損傷が殆ど無かったので、フォルダ構成とファイル名が復元され、不良セクタが軽度だったので、大切なCADデータを含む約215GB(TrashBoxを入れると387GB)、約215,000個(TrashBoxを入れると約680,000個)ほぼすべてのファイルやフォルダが救出できました。

 取り出したデータを依頼者様支給の1TBのNASに格納して作業完了。2日後に納品。