PC修理・サポート事例

DELLのデスクトップPCに外付けUSB HDDを接続したら、メーカーロゴで固まってしまったのを解決

(最終編集:2017/10/13)

・PCは、DELLのデスクトップPC vostro200 ミニタワータイプ。osはwindows7。 ・外付けハードディスクドライブは、IO-DATA HDJA-UT2.0。冷却ファンこそ付いていないが中堅モデルである。電源連動型。

 この組み合わせで、簡易なイメージバックアップ環境を整えようとしていたが、残念なことにPCにUSB端子を接続したまま電源を入れると、DELLのロゴで固まってしまった。メーカーに尋ねたら、「フォーマットしたら解決する可能性があります」と言われたけれど、ネットで同様の事例を検索したところ、「BIOS設定を変えると直る」など、いろいろ出てきた。

このような状態で固まります。

 そもそも、DELLのロゴで固まるというのは、「内蔵/外部の機器との接続に問題があって、windowsの起動に移れない」ことを示しており、一般的によくあるのは、機器が電流を引っ張りすぎているもの。IO-DATAのハードディスクドライブの初期不良ということも考えられたが、windows起動後につないでデータを読み書きする分には全く問題がないため、故障の可能性は低い。DELLのBIOSプログラムの相性が悪いという見方もできた。

 そこで、デスクトップPC内のPCI expressバスに差し込むことができるUSB3.0インタフェースボードを、DELLのPCに差し込んで、そのボードから出ているUSB端子に、HDJA-UT2.0 のUSBケーブルを差して使用することにした。先ほどのようにPCの電源投入後、DELLのロゴで固まることがなくなったのは言うまでもない。

 ちなみに今回刺したインタフェースボードは、玄人志向の USB3.0RD-PCIE というものである。なおこのボードは、ロープロファイル対応ではないので、ビジネス用のスリムタワー型のパソコンには接続できない。


buffalo NAS LS-V1.0TL のデータ復旧実施

(公開:2017/10/8)

 大垣市の自動機設計製造業 T社様からのデータ復旧依頼。機種はバッファローのネットワーク対応ハードディスク(LinkStation) LS-V1.0TL。機器転倒後、パソコンからこのハードディスクのデータにアクセスできなくなったとの連絡をいただく。データを取り出してほしいという依頼。

 依頼者より、EMモード発生、ファームウェア更新失敗という連絡をいただいていたので、ケースからハードディスクを取り出してデータサルベージ上の機器に接続すると、ディスクの劣化損傷あり。HDDを慎重に複製を行う間にも劣化が若干進行していた。

 複製したHDDを確認したところ、ディスク構成(パーティション構成)のデータが一部破損していましたが、ファイルテーブルの損傷が殆ど無かったので、フォルダ構成とファイル名が復元され、不良セクタが軽度だったので、大切なCADデータを含む約215GB(TrashBoxを入れると387GB)、約215,000個(TrashBoxを入れると約680,000個)ほぼすべてのファイルやフォルダが救出できました。

 取り出したデータを依頼者様支給の1TBのNASに格納して作業完了。2日後に納品。


excel2013の障害がwindows10アップグレードで復旧した

まさかの勘がどんぴしゃり!

excel2013で図形を描画するには、「挿入」メニューからリボンを出し、「図」をクリック。さらに「図形」をクリックしてから、書きたい図形の種類を選ぶことになるが、私のPCでは、クリックして表示させたリボンやプルダウンメニューが1秒ないし数秒で消えてしまう障害が発生。以前はそんなことはなかった。

PC2台にexcel2013がインストールされてるが、どちらも同じ症状である。2台ともOSがwindows7で、ブートドライブがSSDなのが特徴といえば特徴。

excel2013はメインサポート期間中なので、マイクロソフトの担当に電話をかけたところ、「有償サポートになり、1インシデント1万1千円程度」「もしくはサブスクリプションのoffice365を購入願います」という答え。何なら「マイクロソフト・コミュニティー」に質問したらよい回答が得られるかもとのこと。なんか複雑な気持ちになった。

ここで妙なことが閃く。「自分はwindows7を使っている。マイクロソフトはwindows10に移行させたがっているので、windows10にアップグレードしたら、この障害が直るかも」。
そこで、即実行。windows7のPCをwindow10にアップグレードした。

その結果はどうかというと、

障害が直ってしまった!

こんなこともありますね。


次のページ »