【宅配修理】

PC-VT7007D 電源が入らないのを修理する

(公開:2012/11/18)

 長野県千曲市の方からの宅配修理依頼。機種はNECのセパレート型デスクトップパソコン PC-VT7007D。OSは windows xp sp2。電源が入らないので修理してほしいという依頼。

 ケースを開けてみたところ、マザーボード上の電解コンデンサが派手に膨張していた。

 容量の大きいクラスのものだけでなく、小型のものも膨張していた。再発防止のため、目視で破損が明らかなものを含め、同型のもの全て交換した(計30個以上)。これらをESRメータで調べた結果、4種17個に破損が認められた。小型の470μFのコンデンサでは目視で1個破損が明らかだったものの、それ以外に5個破損していることが、取り外してみてわかった。

 マザーボードのBIOSバックアップ電池が消耗していたので交換したうえで、電源をいれたところ、問題なく動作した。マザーボードのコンデンサが破損している割には、電源ユニットに問題なかったのに驚いた。依頼者に尋ねると、電源ユニットは3年前に交換したとのこと。それで納得。

 ハードディスクを取り付け、windowsを起動する。ハードディスクの診断を行ったところ、若干の劣化クラスタが見つかり、使用時間も3万5千時間弱。windows xp サービスパック3へのアップデートを依頼されていたが、そのまま行うとディスクにダメージを与える恐れがあるため、バックアップを取った上で慎重に行った。ウイルス対策ソフトが期限切れで無効になっていたので、アンインストールを行った。対策ソフトは依頼者が自分で入れられるとのことだった。

 最後に、パフォーマンスの向上とディスクの論理損傷の予防策を行って作業終了。


次のページ »