ブログ

ディスクアクセスランプの無いノートパソコンに違和感

(公開:2016/6/2)

images (1)

 最近発売されるノートパソコンの中には、ディスクアクセスランプの無いものが出てきました。ディスクアクセスランプというのは、上の写真でいうと、左側のドラムのマークのところのランプのことです。パソコンには、電子メールや、年賀状やワードエクセルのデータを長期的に保存しておくための部品が入っています(こういう部品のことを、補助記憶装置といいます)。ここ二十数年来、家庭用パソコンではハードディスドライブ(HDD)という部品が使われています。実際のハードディスクドライブの内部は、磁気を記録することのできる1枚または複数枚の円盤で、ヘッドというものを使ってデータを読み書きします(パソコンにドラムのマークが書いてあるのは、昔データの読み書きのために大きな磁気ドラムを使っていたころの名残です)。ディスクアクセスランプは、データを読み書きしているときに点灯します。

 そのディスクアクセスランプが、一部のノートパソコンから消えています。コスト削減のためでしょうか。このランプの点滅状況は、パソコンの動作状況を判断するのに役に立ちました。ランプが点灯しているときに電源を急激に落とすと、ハードディスクドライブが壊れて、二度とパソコンが立ち上がらなくなるかもしれません。パソコンが固まっていて、ランプが長時間点灯しっぱなしであれば、ディスクの故障を疑う事ができます。ディスクアクセスランプがないパソコンだと、それらの判断ができません。

 最近の補助記憶装置として、ハードディスクドライブの代わりに、SSD(ソリッド・ステート・ドライブ)という部品が使われ始めています。速くて軽くて静かで省電力、電源を入れたままパソコンを振り回しても壊れない耐衝撃性を持っています。値段も大幅に下がってきているので大変人気です。SSDは、すでにスマホやタブレットPCで使われていました。

 SSDは、ヘッドという機構部品を使っていないため、データアクセス中に電源を急激に落としても壊れません。したがってディスクアクセスランプが無くても不自由することはありません。現に、スマホやタブレットには、ディスクアクセスランプはついていません。しかし、依然としてハードディスクドライブが内蔵されているパソコンでは、ディスクアクセスランプが無いと不便だと思っています。なぜディスクアクセスランプを省略したのか理解に苦しみます。


どんなパソコンを買ったら良いかな?

 本日、お客様から「どんなパソコンを買ったらいいかな?」と聞かれました。皆様いろんな思いがあるのですが、今のわたくしの感触では、次のような感じになります。(中小企業や個人を対象にしています) (以下、windows10って何? windows7ってなーに? という方には難しい内容です。申し訳有りません。ちなみに、windows10は最新のwindows、windows8.1は2番目に新しいwindows、windows7は3番目に新しいwindows)

1.セキュリティーを重視する方  ビジネスモデル※のパソコン。特に、セキュリティチップ(tpm)の搭載されたパソコンになります。(一般個人で購入できないメーカー、機種があります) ※一般の量販店には殆ど置いていないパソコンです。カタログには、windows10pro、windows7 professional搭載、とか書かれています。量販店法人窓口、代理店、またはネットダイレクト販売で売られています。  重要なデータ、洩れたり盗られたりしてはいけないデータを扱うパソコンや、持ち歩くパソコンは、ますます攻撃が増す中、セキュリティが強化されたパソコンを使うことが重要だと思います。  ただ、セキュリティが強化され暗号化されたパソコンは、当然暗号鍵を知らない人の暗号解除が困難ですので、パスワードが不明になったら目も当てられません。また中の記憶媒体が故障すると、多くの場合中のデータ復元は困難になりますから、バックアップは必須になりますし、本体が故障して修理できなかったら中のデータが永遠に見れなくなりますから、修理可能な期間、すなわちメーカーのサポート体制(部品保守期間等)を把握しておかなければならないでしょう。メーカーの部品保守期間切れが近づいたPCを処分する運用、または暗号解除して運用することを考慮することになるでしょう。  最新のwindows10 pro が最善だと思いますが、下記の条件も勘案することが大切です。 このセキュリティー機能搭載のパソコンが、今後の主流になるかもしれません。

2.複数人で複数のパソコンを使っている方  もし、他のパソコンが windows7 ビジネスパソコン でしたら、windows7 ビジネスパソコン に合わせたほうが良いでしょう。  もし、他のパソコンが windows8.1 ビジネスパソコン でしたら、windows8.1 ビジネスパソコン に合わせたほうが良いでしょう。  もし、他のパソコンが windows8.1 一般用パソコン でしたら、windows8.1 一般用パソコン に合わせたほうが良いでしょう。  なぜ合わせるかといえば、トラブルが起きた時の保守コストが下がるからです。  いずれの場合も、windows10proからのダウングレードのものがお勧めです。後々、最新のwindows10に上げることができますから。

3.使い勝手を気にする方  もし、windows7 の扱いに慣れていて、こだわる方でしたら、windows7 の入ったビジネスパソコンがお勧めです。(一般個人で購入できないメーカー、機種があります)  もし、windows8.1 の扱いに慣れていて、こだわる方でしたら、windows8.1 の入ったパソコンがお勧めです。

4.古い複合機やプリンターを使っている方  たとえば、古い複合機のPDFやFAXデータフォルダーを共有している場合、windows10パソコンから、古い複合機にアクセスできないことがあるので注意して下さい。  古い大型プリンタ等も、windows10パソコンから印刷できないことがありますので注意して下さい。  そのときは、複合機やプリンタが対応しているwindowsバージョンのPCを選んでください。  ※現在、windows7 搭載の、一般向けPCは殆ど売られておりません。ビジネスモデルはまだ一部のメーカーで売られています。


windows10で、問題を起こしたwindows update更新を非表示にする方法

 【これは、パソコンに詳しい人向けの情報です】  先日、corel の画像処理ソフトが起動しないのを解決するのに、windows更新プログラムの一部をアンインストールして非表示にした 旨の記事を書きましたが、windows10 では、更新が自動かつ強制的にされてしまうので、更新プログラムをどうやって非表示にすれば良いのかと、疑問に思っておりました。

 これを解決する記事を見つけました。

  Windows 10: 問題を起こした更新プログラムやドライバーを Windows Update で一時的にインストールされないようにするツールの紹介

 ただし、私どもが実際に確認したものではないので、自己責任にてお願いします!


« 前のページ次のページ »