ブログ

windows 10/8.1 で外付けストレージ(ハードディスク、メモリカード、USBメモリ)を使うときの注意

windows10、windows8.1(または 8) の入っているPCで、外付けストレージ(ハードディスク、メモリカード、USBメモリ)を使う際、後で起こりうる障害を未然に防ぐために、行っていただきたいことです。(万全を期すために記載している部分もございます)

1.スリープ時、休止状態時、通常のシャットダウン(電源を切る)による電源OFF時には、外付けストレージの抜き差しは行わない  windows10 や windows8.1 の既定の設定では、PCは、スリープ、休止状態、通常のシャットダウンの直前の外付けストレージの接続状態を覚えていますので、その時に外付けストレージの抜き差しを行うと、これらの状態から復帰する前後で、実際の状態とPCが記憶している状態が矛盾してしまうため、何らかの条件が重なると、外付けストレージに障害が起きてしまうのがその理由です。  windows7以前 をお使いの方も、スリープ時、休止状態時には、外付けストレージの抜き差しは行わないで頂きたいのは言うまでもありません。  windows10 や windows8.1 は、立ち上がりを速くするために「高速スタートアップ」という細工をしてありますので、通常のシャットダウン時にも注意が必要です。  あと、本内容からは逸れますが、windows10 や windows8.1 のは、シャットダウンして画面が消えてしばらくは、ディスクにデータを書き込んでますので、ノートパソコンを使っている方でせっかちな方は、画面が消えたからといって直ぐにパソコンをカバンに入れたりすると、ディスクに障害が出ることがありますので注意が必要です(SSD内蔵の場合は問題ありません)。  なるだけ、次項のようにPC動作時に外付けストレージを取り外すのをお勧めいたします。

2.PC動作時に外付けストレージを取り外す際は、「安全な取外し」アイコンを使って行う  windows10 の場合、この写真のアイコンを押してから、取り外したいドライブをクリックして行ってください(写真のアイコンが無い場合は、”^”マークをクリックして表示させてください)。windows8.1 にも似たような形状のアイコンがあります。windows7 をお使いな方も「安全な取外し」アイコンを使うのは言うまでも有りません。  特に、外付けストレージ機器(USBメモリやHDDなど)を、windows7 のパソコンとの間で差し替えして使う方が、これを行わなかったためにデータが壊れてしまう障害が続出しています。  パソコンは、外付けストレージを取り外すことを教えてあげない限り、その外付けストレージはずっと繋がっているものだと思っています。PCの状態によっては、外付けストレージへのデータの書込みを後回しにしていることがあります。パソコンに対して外付けストレージを取り外すことを教えてやらないと、「書かれているはずの一部のデータが書き込まれていなかった」ということが起きます。このデータが外付けストレージを制御する大切なものだった場合、外付けUSBメモリやHDDなどのデータに障害が起こって読めなくなったりします。

※安全な取外しが出来なかった場合  この場合は完全シャットダウンを行ってから外付けストレージを取り外してください。  windows10 の完全シャットダウンの方法を記したサイトがありましたので紹介します(マウスコンピュータさん)。shiftキーを押しながら「再起動」をクリックする というのがポイントのようです。 https://www2.mouse-jp.co.jp/ssl/user_support2/sc_faq_documents.asp?FaqID=19992


実践無線LAN構築セミナーを受講しました

dsc_0258

 

dsc_0267

 11/24(木)に、午後3時過ぎまで雪が降りしきる中 東京 富士ソフトアキバプラザにて、「失敗しない 実践無線LAN構築」セミナーを受講しました。
 講師 大江将文氏は、2002年IETF国際会議から国内外の大規模Wi-Fiネットワークの責任者や運用者として従事されておりまして、2015年7月~8月にに開催された第23回世界スカウトジャンボリー(23WSJ)におけるWi-Fiネットワークの構築(屋内外合わせて250ha、1.5万の端末を想定)時の実例を交えたお話もありました。
 100台を超える端末(ノートPC、スマホ、タブレット等)を抱える会社・組織に至るまでの、無線LAN構築の技術面、運用面、コスト面から学びました。現時点にて最適な構築ノウハウを得られたと感じております。
 当日は全国から企業のシステムエンジニアが受講されておりました。受講することにより、中小企業から一部上場企業までのシステム担当者と一緒に、Wi-Fiネットワークの構築や障害解決をすることができると考えております。


PCのデータが全て飛びました。でも1時間程度で完全復旧しました。

 6月29日の朝、私の事務作業用のパソコンの様子がおかしかった。画面を見たら真っ青な画面にエラー表示。PCをリセットすると、今度は真っ黒な画面の上に「Reboot and Select proper Boot device」という文字が出る。「これはマズいかも」と思う。一般にパソコンにはBIOS設定機能というものがあるので、それを開いてみると、パソコン本体が、内蔵のハードディスクドライブ(HDD)を認識していないことが分かった。

「最悪のパターンだ~! 中のデータが全て飛んでしまった~!」

 

でも、私は全く動じませんでした。私のPCには、PC内蔵ハードディスクの内容を丸ごとバックアップするアプリが入っていて、毎朝外付けHDDに自動的にバックアップするよう設定してあったので、全く無問題。HDDを予め用意してあったのに交換し、バックアップ内容を復元することで完全復旧。所要時間約1時間。 一般のユーザーさんにとってみれば、「パソコンの内蔵HDDを交換どうやってやるの?」ということがあるかもしれないが、それで外部業者を呼んだとしても一番早く復旧できる。

  

◎今回と同じような事が発生した場合  ・データを全くバックアップとって居なかったら・・・・重要なデータが入っているなら悲惨です。データ復旧業者に頼むしか方法がなく、価格も数万以上。しかもデータ復旧する保証はない!  ・重要なデータ(ドキュメントや写真のみ)だけバックアップとってある・・・・バックアップしてあったデータは安全。よかったですね。でも、PCを立ち上げる必要がある。リカバリーDVDはありますか? 無ければメーカー取り寄せまたは修理。リカバリーディスクがあったとしても、リカバリーに2~30分以上、アプリのインストールや設定に1時間以上、アップデート・・・時間が掛かるので1日では終わりません。使えるようになるまでに時間と手間がかかります!  ・丸ごとバックアップがとってある・・・バックアップを取ったときの状態に、大抵1時間前後で復旧します! ただし、「バックアップを取ったときの状態」です! バックアップを取ったのが随分前だったら、それ以降のデータは戻りません!  ・丸ごとバックアップを自動で行えるようスケジューリングしてとってある・・・これが万全です。  (更に内蔵HDDを多重・冗長化して、ダウン時間をなくすことが出来れば言う事無しですが、一般のパソコンではそこまでやらないでしょう)

  

ハードディスクは消耗品!パソコンのバックアップは丸ごと、自動でスケジューリングしてとっておきましょう!

  

DSC_0029

DSC_0029

私は写真のように、PCの左側の外付HDDに毎日バックアップしております(左はネットワークHDDのバックアップ用、右はPC内蔵HDDバックアップ用)週1回完全バックアップ、残りの日は増分バックアップ(前日との違いのみバックアップ)

 


« 前のページ次のページ »