ブログ

Wifiが繋がりにくいな、と感じた時に役立つアプリ2選(その2)

(公開:17/11/3)

Wifiが繋がりにくい、よく切れる、遅くなる…でお悩みの方。wi-fi電波がうまく受信できていないのかもしれません。
Wifi電波が上手く受信できているか判断する助けになるスマホツールの紹介。第2弾。

2.WiFiミレル(App Store, Playストアアプリ)

 二つ目は、使っているスマホ、タブレットで、目的の無線wifi電波をどれだけの強さで受信できているか測定できるアプリです。その他に、使っている周波数がどれだけ混雑しているかもわかります。このアプリのスグレものは、ヒートマップ機能(家庭や事務所内の電波強度分布図を表示できる機能)です。Androidスマホ・タブレット、iPhone、iPadでで使えます。無料です。(Macやwindowsは非対応のようです)

 一番よくつかわれるのが、電波強度を表示する機能だと思います。

 電波が強いと緑色、弱いと黄色、さらに赤色で表示されます。緑色ならおおよそ安定、黄色なら不安定、赤色ならかなり厳しいです。
・自分だけでお使いならば、スマホやでノートPCなどを使うところ全てで緑色ならOK。そうでなければ、緑色の区域が広がるよう、無線親機(ルーター)または中継機を追加してあげましょう。中継機の設置が手っ取り早いので、各メーカーがおすすめしていますが、このアプリで緑色になっている場所に中継機を置かなければ意味がありません。中継機の電波を受けた時の通信速度は、中継機を設置した場所で受ける通信速度より速くなったり安定したりすることはありません。
・家族や複数人でお使いになる場合、すべての人が使うところ全てで緑色ならOK。1つでも黄色や赤色の機器があったりすると、その機器を使って通信するときに、全体の通信速度が低下してしまうことがあり得ます。全て緑色になるように改善いたしましょう。
・家族や複数人が同時にWifiをお使いになった場合、いくらすべて緑色であっても、無線親機(ルーター)の性能により(中継機が絡むとより顕著になります)、全体の通信速度が低下してしまうことがあります。その時は、高性能な無線親機(ルーター)の購入、あるいは無線親機の追加、の検討をおすすめします。
・いくらすべて緑色であっても、その周波数が混雑していると、通信速度の向上は望めません。混雑していないチャンネルに変えるか、比較的混雑していない 5GHz帯の親機、子機を検討ください。

 話が脱線してしまいましたが、この「WiFiミレル」は分かりやすく、使いやすいアプリだと思います。

wifiミレル(App Store)

wifiミレル(google play)


« 前のページ次のページ »