ブログ

USB接続外付けハードディスクの動作が不安定、よく切れる場合

(公開:2017/11/9)

 

 PCに外付け機器を接続するのに便利なUSB端子。殆どのPCには2~3個以上の端子が用意されていると思いますが、接続機器が多くなると端子が足りなくなることがあります。ノートPCは特に。そういった場合、このようなUSBハブを使いますが、これに小型ハードディスクドライブを取り付けると、トラブルがよく起きます。

 なぜなら、小型ハードディスクドライブは、バスパワーといって、パソコンから電気をもらって動作するものです。

 PCから引っ張ってこられるトータルの電流は限られていますから、このようなUSBハブからタコ足配線するとHDDドライブに電流が十分与えられなくなるため、接続が途中で切れるなど動きがやたらと不安定になり、故障することさえあります。

USBハブにバスパワー外付けHDDを取り付けたい時は、以下のようなACアダプター付きのUSBハブを使いましょう。これならUSBハブが外付けHDDに電源を供給してくれるのでHDDの動作も安定します。

たとえば、こういった商品がおすすめです。
エレコム USB3.0対応ACアダプタ付き4ポートUSBハブ U3H-A408S(ブラック・ホワイト)


« 前のページ次のページ »