ブログ

最近のパソコン修理の傾向

(公開:2016/1/26)

 パソコンの修理・サポートを行っておりますピーオーエムです。久しぶりにパソコン修理事例について書いてみようと思います。

 ここ数年のパソコンは壊れにくくなったと思います。詳細は省きますが、主な理由は

1.パソコンの省電力化が進んだことにより、発熱が少なくなった
2.ハードディスクやその周辺部品が改善された
3.コンデンサ部品が改善された
4.windowsの不具合を修復しやすくなった

ざっと、こんなところだと思います。

 それでも、古いパソコンはもとより、新しいパソコンでも、いろんな修理サポートの依頼があります。windows10関連のトラブルが多いです。最近のものだけでも

◎windows10にアップグレードしたら、ネットにつながらなくなった
◎windows10にアップグレードしたら、画面が出なくなった
◎windows10にアップグレードしたら、スタートメニューが出なくなった
マウスの左右ボタンが逆になってる。なんじゃこりゃ?
◎新しいwindowsの操作方法が分からない。なんじゃこりゃ?

 次に多いのは、ウイルス感染。

 次に多いのは、ハードディスク損傷と液晶割れ、あるいは液晶の寿命。

 いろんな理由で業務アプリの更新ができないため、古いパソコンを使い続けなければならない場合、そのパソコンの修理を依頼されることがあります。

◎電源が入らなくなった
◎電源がすぐ切れる

 このような症状の多くは、電源ユニットの交換や、メイン基板(マザーボード)の修理で簡単に直るんですが、修理せずに放っておくと、データまで壊れてしまうので注意してください。

 その他の依頼としては、こんなものもあります。

windows xp のバージョンアップしてほしい
windows8から8.1 にアップデートしてほしい
windows10 をいれてほしい
◎,b>vista から、windows7にアップデートして欲しい

 訪問サポートで多いのは、ネットワークサポートですね。無線LAN(wifi)接続は、以前よりずっと簡単になりまして、私たちの出番は無くなりつつありますが

◎windows10にアップグレードしたら、無線がつながらなくなった・・・これはパソコン側の問題
◎wifiルータの接続依頼・・・手動でキーを入れないといけないことがあります
スマホ、タブレット、macの接続依頼

 端末側の問題、子機の問題、電波干渉、機器の故障・・・ネット接続できない理由はさまざまありますので、どうしてもつながらないときは、専門家の指示を仰ぎましょう!

古いパソコンでも大丈夫! メーカーに断られても、一度ご相談ください!
メーカー製のパソコンでなくても大丈夫! 自作パソコンでも大丈夫! 一度ご相談ください!


パソコンで音声検索をやってみましょう

 最近タブレットやスマホを購入して重宝しているのは、音声検索です。確かにスマホで文字入力するのは大変なので、音声で検索語句を入力できれば大変楽です。調べたい語句をスマホやタブレットの前でしゃべれば、そのまま検索できてしまいます。

 実はこれ、パソコンでもできるんです。

【用意するもの】 ・マイク(マイク付ヘッドホンでもよい)

images (1)

【準備】 (1)マイクのミニピンプラグを、パソコンのマイクジャックに差し込みます。パソコンによっては端子がピンク色になっていたり、マイクのマークが付いているので、そこに差し込みます) (2)パソコンを立ち上げます。

ダウンロード (2)

(3)パソコンの画面を見渡して、このマークが見当たりますでしょうか?→もし見当たれば、すでに google chrome が導入されているので、(7)へ進みます。 (4)スタート画面を見渡して、このマークが見当たりますでしょうか?→もし見当たれば、すでに google chrome が導入されているので、(7)へ進みます。 (5)スタート画面で「すべてのプログラム」を開いたら、「google chrome」という項目が見当たりますでしょうか→もし見当たれば、それをクリックして google chromeとそのマークが見当たれば、すでに google chrome が導入されているので、(7)へ進みます。 (6)インターネットを見るために、インターネットエクスプローラ(「e」のマークのアイコン)を使っている場合は、インターネットエクスプローラを起動して、google chrome をダウンロードして、導入します。 (7)上のマークのアイコンをクリックして、google chromeを起動します。

google

(8)このような画面にならないときは、一番右のタブの右側の小さいタブをクリックします。

tab

(9)Googleのページが出てきて、Googleの文字の下に検索窓が出てきます。  その一番右の マイクのマークをクリックします。

mic

(10)最初だけ、画面の上に「https://www.google.co.jp/がマイクへのアクセスを求めています[許可][拒否]」と表示されますので、「許可」をクリックします。 (11)「お話しください」という表示が出ます。ここで、検索したい語句を話します。たとえば「東京スカイツリー」と言ってみます。

images (2)

(12)話し終わると、認識された語句が表示され、その後で検索結果が出てきます。

skytree skytree2

おもしろいので、やってみてください。

【うまくいかないとき】 ・スピーカーやモニターを介してマイクに接続している場合、雑音が乗ってうまくいかないときがあります。マイクをパソコンのマイク端子に直接つないでください ・マイクのレベル調整が必要なことがあります。


ノートPCに装着するシリコン製キーボードカバーについて

(公開:2015/2/8)

images

 前回にノートパソコンの水濡れのお話をいたしましたが、ノートパソコンの水濡れのトラブルを起こりにくくするために、シリコン製キーボードカバーをつければいいじゃないの? という話を聞きます。
 確かにシリコン製キーボードカバーでしたら、その上からキータッチを行うことが出来ますから、水にぬれてもやや安心(スピーカー、ボタン、タッチパッド、放熱穴など、カバーで覆われていないところから水が入ることはあります)ですが、果たしてそれでよいのでしょうか?

 ノートパソコンのキーボードには、ノートパソコンの熱を放散する働きもあります。ノートPCを分解された方はお分かりですが、キーボードの下は大抵パンチ穴の空いた金属板になっています。キーボードの底面も金属板になっています。この金属板を通し、キーの隙間を通して熱が逃げるようになっております。キーボードカバーをつけてしまうと、この熱を逃がしにくくなります。熱が逃げないとノートパソコンに熱がこもり、パソコンの寿命を短くする原因にもなります。

 パソコンの寿命を考えれば、キーボードカバーを装着したままの作業は芳しくないのですが、水濡れ抑止を考えると一概に良くないともいえません。パソコンが熱くなるようでしたら、キーボードカバーを外したほうが良いかもしれません。

※これは、ノートPCと一体化したキーボードについての話で、デスクトップパソコンのキーボードや、パソコン本体と一体化しないワイヤレスキーボード(タブレットPCなどもそう)に装着するのは、熱源がないため全く問題ありません。また熱をそんなに出さないノートパソコン(省電力CPUかつSSD搭載で薄型でないもの)であればあまり気にする必要はないかもしれません。


« 前のページ次のページ »