ビジネス複合機のスキャナ・プリンタの設定を行う

(公開:2011/2/9)

愛知県一宮市の会社経営者からの出張サポート依頼。
ビジネス複合機をお持ちのお客様で、スキャンしたデータを電子ファイルとしてPCに取り込めるようにし、プリンタとして使用できないかという相談。
実はこのビジネス複合機は、お客様の知り合いの事務機器商の方がコピー機用として設置していったものだという。機種は、コニカミノルタのbizhub C252。

変更前の環境は、図の通り。パソコンは事務所と社長室にあって、15mほど離れている。NTT西日本のフレッツ光プレミアムの回線が事務所に引かれていて、ルータ機能を持つCTUに接続されている。事務所のプリンタは事務所のPCにUSB接続されている。社長室のPC(OSはwindows xp)は、インターネットと無線LANでつないでいる。社長室の複合機はネットワークに接続されていない。

まず、社長室のパソコンにスキャンデータを取り込めるように、複合機をネットワーク接続する。複合機は、リピータ機能を持つ無線LANルータ(新規)の端子にケーブル接続する。無線LANルータを設定。そして複合機と社長室のPCのIPアドレスを固定に変更。それに伴いCTUの設定を一部変更。更に、PC側に複合機から転送されるスキャンデータを受け入れるフォルダを作成して、それを共有フォルダに設定する。複合機側には、スキャンデータをそのフォルダに転送するようプログラム設定を行う。その時、転送先PCの指定はNetBIOS名を使わず、直接IPアドレスを指定した。
以上の操作により、複合機に放り込んだ複数ページの原稿から、PDF化された電子ファイルが作られ、社長室のPCの共有フォルダに転送できるようになった。

更に複合機とPCに対してプリンタ関連の設定を行うことで、社長室のPCから複合機にプリントアウトすることが可能になった。

さて、今回取り扱った複合機は5年以上前のモデルで、現在製造中止になっている。今回windows xp パソコンとのネットワーク接続には成功したけれども、windows 2008、vista、windows7 にはどこまで対応できているか分からない。最新ファームウェアで対応されているかも不明である。取扱説明書には、どのようなネットワーク構成を対象にしたものか、明確になっておらず、トラブルシューティングも充実しているとはいえない。今回はメーカーサポートへの問い合わせすることなしに設定できたが、お客様の環境やニーズによっては、メーカーサポートへの問い合わせが不可欠であると感じた。