BIBLO NF/B70 リカバリーできないのを直す

 岐阜県不破郡関ヶ原町の方からの持込修理依頼。  パソコンは、富士通のノートパソコン FMV BIBLO NF/B70。OSは、windows vista home premium sp1。マルウエアに感染したようなので、購入状態に戻そうと(リカバリーしようと)マニュアルの通り操作したのだが、リカバリに失敗てしまうとのこと。

 ネットワークに接続しない状態で動作確認。一見、windows の動作は問題ないように見えるが、マルウエアに感染していたのは間違いないとのことなので、マルウエアが入り込んでいそうな隠しフォルダ、スタートアップ登録状況を確認して問題ないことを確認し、一時ファイル等を全てクリーンアップした後、オフラインで用いるウイルススキャンソフトにてスキャン実施。Exploit:Java/CVE-2011-3544.CI なるマルウエアを削除。  マルウエアの他に、動作が重い等の特筆すべき不具合は無いとのことで、今までに入っているアプリケーションやデータ等を再インストールすることを考慮すると、リカバリー不要と判断。無料ウイルスソフトのインストール、サービスパック2の適用、windowsや各種プラグインのアップデート、システムファイルのデフラグ等々を行う。

 

 一方、リカバリー出来ない問題につき調査。とりあえず リカバリーDVDを作っておくことにする。windows上から「マイリカバリ」を起動し、「管理」から「リカバリーディスク作成」をクリックする。すると、 「リカバリー領域が壊れているためリカバリーディスクを作成できない」旨メッセージが表示される。  そういえば、このパソコン、何故か 「マイコンピュータ」からリカバリー領域の入っているドライブが丸見えである。リカバリー領域が、通常のNTFS形式の 可視パーティションになっていたのだ。

 そこで、linux のライブCDを用い fdisk コマンドで、このパーティションを調べると、パーティションIDが7になっていた。これはCドライブと同じ属性である。富士通のVistaパソコンのリカバリー領域は、パーティションIDが12でなければならなかったはず。そこで リカバリ領域のパーティションIDを7から12に変更書き込みをする。

 CDを取り外してwindowsを再起動し、リカバリーディスクの作成に再チャレンジしたところ、問題なくリカバリーディスクを作成することができた。更にパソコンを再起動し、富士通ロゴ画面にてENTERキーを押して起動メニューからリカバリーが出来そうか確認。こちらも大丈夫そうである。

 結局、マルウエア除去、vistaのサービスパック適用、アップデート、無料ウイルスソフトのインストール、最適化、ハードディスク内のリカバリ領域の復元、リカバリDVDの作成を行って作業終了。

トラックバックURL

https://www.pom-net.jp/biblo-nfb70-8647.html/trackback