パソコンのUSB端子接続をきっかけで電源が入らない時は、USB端子の損傷を疑います

USB端子破損 参考画像
先日お電話で「PCのUSB端子からスマホを充電してケーブルを抜き差ししたら、パソコンの電源が入らなくなった」という相談を受けました。
これが「データ転送ができなくなった」ということでしたら、マザーボードという基板の故障を疑うことが多いですが、今回のケースは、USBケーブルを乱暴に抜き差ししたことでUSB端子のショートが起きて保護回路が働いた可能性もありました。基板のヒューズが飛んでいたらまずかったのですが。

結局翌日何事もなくパソコンが使えるようになった(復旧された)という連絡があり修理は行わないことになったのだが、やはりUSBケーブルを乱暴に抜き差ししていたとのことでした。
お客様にはそのUSBポートは使わないようにしてください とアドバイスさせていただきました。

「パソコンのUSB端子接続をきっかけで電源が入らない時は、USB端子の損傷を疑え」です。

関連記事
自作機の修理(電源が入らない症状の解決)