SONY PCV-RZ52 (windows xp機) 再起動を繰り返すのを修理する

大垣市の方から持ち込み修理依頼を受けた。 機種は、SONY PCV-RZ52 (デスクトップ機:windows xp home)。 時々セーフモードで立ち上がる症状が出ていたが、しばらくそのままで使用していたところ、再起動を繰り返すようになってしまったとのこと。

  

本体からHDD(seagate製)を外し、別のパソコンにUSB接続し、エクスプローラを起動すると、アクセスランプ点灯しっ放し。ドライブ認識に至らず。 お客様に連絡し、データ復旧を高価な専門業者に依頼するか、当方で収集出来たデータだけ復旧するかお尋ねする。「当方で収集できたデータだけ復旧してください」という返答を得る。

  

LinuxのライブCDから、何とか当該HDDドライブを認識できたので、コマンドラインからddコマンドにてセクタ単位でデータを別の空きHDDに吸い上げる。 120GBのPATAドライブを18時間弱で吸い上げ完了。ここで幸運なことに、故障していたHDDが偶然復旧したようだ。HDDメーカーの診断プログラムもパスした。すかさず、このHDDを新品のHDD(160GB)にコピーした。 なお、このHDDは翌日またダメになった。7年ほど使用していたようなので、もう寿命だろう。

バックアップしたHDDをスキャンディスクにかけると、ファイルシステムエラーが発見されたので、修復を行った。このHDDをvaioに戻して起動させると、セーフモードで起動できた。

  

ウィルスチェックの後、windows xp 用の ERD commander で、システムファイルの損傷が無いことを確認した。その後windowsを通常モードで起動させる・・・OK。

xp のサービスパック3が適用されていなかったので適用する。 その他セキュリティー・アップデートを実施。 更に、パーティション操作にて、CドライブとDドライブの容量を増やした。容量増加は将来リカバリを行う際に支障がでる恐れがあると思われたが、もともとCドライブの容量が出荷時点から変更してあったため、問題無しと判断した。なお、この機種のリカバリ領域は、HDDの先頭部分にあった。これは触らない。

  

最後に、外付けHDDに、このHDDのイメージバックアップを、Acronis True Image 形式にて行っておいた。

  

今回の事例では、故障したHDDが一時的にせよ奇跡的に復旧し、ほとんど無傷でデータを取り出せたようなのが良かった。今回は幸運なケースだった。

  

※私どもは、上述の作業の他、データ修復、OSのサービスパック適用、セキュリティーパッチ適用、そしてパーティション操作等を行う際には、要所要所でHDDのバックアップを行っている。

  

  

パソコンの起動トラブルの解決は、ピーオーエムにご用命ください。

トラックバックURL

http://www.pom-net.jp/sony-pcv-rz52-reboot-repeat-1655.html/trackback
SONY PCV-RZ52 (windows xp機) 再起動を繰り返すのを修理する へのコメントはまだありません

コメント無し »

コメントはまだありません。

コメントをどうぞ