Lenovo 7650-A37 のCPUファンエラーの修理を行う

東京都中野区のお客様からの発送修理を承りました。

  

症状は、「パソコンのパワースイッチを入れると、画面に”Fan Error”が表示されて起動しない」 というもの。 お客様によると、ご自身にて、パソコンを分解してCPUなどを放熱するファンの清掃を行う際、液晶ユニットから出ている3本のケーブルの位置に支障があったのでこれを切断して、あとで結線したそうです。 「おそらく、この結線処理が原因だと思う」とのことでした。

  

送られてきたパソコンで動作確認。 確かに”Fan Error”が表示されました。

  

  

また、送られてきたパソコンは、作業しやすいようにネジなどが外してありました。キーボード等を外すと、3本のケーブルが被覆を剥いた状態になっていました。

  

  

保守マニュアルを入手して確認したところ、このケーブルは、オプションのPCI Express ミニ・カード(ワイヤレスLAN用)にコネクタ接続される(おそらくアンテナ用に使われる)ケーブルで、本体への接続は不要と判断し、線材の絶縁処理のみ行いました。

  

マザーボード上のファンの電源コネクタに既定の電圧が来ていたため、ファンユニットの故障と判断しました。

  

お客様に故障内容を説明し、修理を行うことにしました。 補修パーツを扱っている、日本アイ・ビー・エムに補修部品を頒けていただき、ファンユニット交換終了。 電源を再度立ち上げ、Windowsが正常に立ち上がること、エージングで問題ないことを確認し、修理完了。

  

  

  

トラックバックURL

http://www.pom-net.jp/lenovo-7650-a37-%e3%81%ae%e4%bf%ae%e7%90%86-953.html/trackback
Lenovo 7650-A37 のCPUファンエラーの修理を行う へのコメントはまだありません

コメント無し »

コメントはまだありません。

コメントをどうぞ