商用パソコンの選び方

img1img2

 皆様がパソコン上で利用されているさまざまなアプリケーション、ソフトウェア、プログラムの多くは、windowsもしくはmac os上で動いています。その中で windows xp のサポート期限が近づいています。

 windows xp を提供しているマイクロソフト社によれば、2014年4月9日以降、windows xp のサポートを行わなくなります。毎月1回以上提供しているセキュリティ更新プログラムの提供を行わなくなりますので、セキュリティー上の理由から、特に中小企業様や個人事業主様は、windows xp パソコンから windows7/8/vista パソコンへの置き換えをおすすめいたします。(参考:弊社お知らせ「法人や自営業者の方、windows xp からの移行は計画的かつお早めに!http://www.pom-net.jp/windows-xp-replace-10500.html

 では、どんなパソコンに置き換えればよいでしょうか?ポイントは以下の点です。 ・法人や自営業者の方は、法人モデルにする ・ディスプレイ一体型モデルはなるだけ避ける ・汎用設計のパソコンを選ぶ。BTOパソコンが安心 ・一斉導入ならwindows8は避け、windows7ダウングレード機を選ぶ ・windows8 の導入は、一部の例外を除き避けたほうが良い

 まず、法人モデルは、ビジネスでの利用を想定しているため、設計にそれなりの配慮がされています。また困ったときのサポートや保証が充実しています。値段が高い場合もありますが、業務が止まった時の影響を考えると必要なコストだと思います。一般消費者用モデルと比べて長期間の使用に適し、修理がしやすく、次の機種更新がしやすいメリットもあります。法人モデルの購入にあたって自営業者の方は屋号を持っている必要があるなど制約のある場合がありますので、メーカーに問い合わせてみてください。  ディスプレイ一体型モデルは、一般消費者向けには多く見られますが、法人向けモデルではいまだ少数派です。法人向けモデルは、タワー、ミニタワー、スリムタワー型のような、パソコン本体とディスプレイが分離したタイプ(セパレート型)が一般的です。なぜかというと、ディスプレイ一体型モデルは、セパレート型に比べて故障しやすく、修理メンテがしにくいからだと思います。特に排熱設計が悪いと早く壊れます。最近のパソコンは省電力設計なので発熱が少なくなり、故障しにくくなっていると思われますが、それでも購入にあたってデザインを重視したいとか、テレビ視聴機能を付けたいとか、明確な動機がない限り、ディスプレイ一体型モデルは避けたほうが良いと思います。同じ理由で、スリムタワー型のパソコンの中にも故障しやすい設計のものがあるので注意が必要です。なお、Mac機は、MacPro を除きディスプレイ一体型もしくは超小型ケースからの選択になりますので、用途に合ったものを選べばよいと思います。  汎用設計のパソコンを選ぶ理由は、定期的にPCを更新する予算を持つ企業ならともかく、今お使いのパソコンを今後置き換えず使い続ける可能性があるからです。パソコンの年式によっては、パソコンを買い替えてしまうより、windowsだけを入れなおすほうがコストがかからない場合があります。 一般のメーカー製のパソコン(特に一般消費者向けモデル)は、コストダウンもしくはスリムデザイン化のために専用設計をしています。独自の部品を使用し独自な方法で動かしています。そういうパソコンには、windowsを新しいバージョンに更新することができない(できたとしても、一部機能が使えない)ものが少なくありません。BTO、特に直販メーカー(ドスパラ、マウスコンピュータ、フェイス、エプソンダイレクト、デル、パソコン工房、等々)のパソコンでは、windowsを新しいバージョンに更新することができることが多いようなのでおすすめです。なお、ノートパソコンは量産メーカー、直販メーカーを問わず、専用設計になっていると思われますし、デスクトップパソコンに比べて寿命が短く設計の陳腐化も早いため、windowsのバージョン更新をおすすめしないことが多いです。  windows8 は、今までのwindowsと使い勝手が大いに異なるので、企業への一斉導入は困難だと思われます。オペレータが慣れるのに時間を要します。導入台数10台未満の中小企業や個人事業主様であってもです。どうしてもwindows8 が必要でしたら、windows7ダウングレード版を買いましょう。ダウングレード版のないメーカーでしたら、windows7搭載PCが無難です。  windows8 は、windows7やvistaより動きがサクサクなため、比較的低スペックのパソコンでも快適に動作します。古いパソコンで予算が限られている場合はwindows8に更新する余地も残されておりますが、限界もあります。たとえば10年以上前の年式に適用するのは困難ですし、メーカー製パソコンに入れた場合、一部機能が低下したり使えなくなったりすることがあります。

imagesimages2
商用パソコンの選び方 へのコメントはまだありません

コメント無し »

コメントはまだありません。

コメントをどうぞ