PC修理・サポート事例

DynaBook BX/32L (PABX32LLT) ログイン後に再起動するのを修理

ダウンロード (1)

 大垣市の方から持ち込まれた東芝ノートPC。windows7搭載モデル。windows10にアップグレードして戻した後調子が悪くなったとのことです。1ヶ月くらい騙し騙し使っていたけれども、15分に1回固まったり青い画面が出たり出なかったりして落ちたりするようになったので当店に相談に来られました。

 原因は一つではありませんでした。主なものとして、・グラフィック・ドライバーが不具合を起こしていた ・メモリ容量が十分でないため時々パフォーマンスが大変落ちていた ・メモリ容量が十分でない時に使われる「ページファイル」が損傷していた ・ハードディスクドライブの断片化が進みパフォーマンスを落としていた、等が原因としてありました。  グラフィック・ドライバーは、メーカー指定のバージョンのものが入っていましたが、一旦OSをwindows10にした為に不具合を起こすようになってしまったようです。OSをwindows7にしても不具合は直らなかったようです。 そこで、グラフィックドライバーを、(この機種の場合)インテル社のホームページから適切な最新のものを取得して導入しました。  その他、メモリは増設、ページファイル不具合の処置、ハードディスクやレジストリの断片化の修復、エラーを起こしていたアプリの削除等を行いました。


« 前のページ次のページ »