ブログ

windows 10/8.1 で外付けストレージ(ハードディスク、メモリカード、USBメモリ)を使うときの注意

windows10、windows8.1(または 8) の入っているPCで、外付けストレージ(ハードディスク、メモリカード、USBメモリ)を使う際、後で起こりうる障害を未然に防ぐために、行っていただきたいことです。(万全を期すために記載している部分もございます)

1.スリープ時、休止状態時、通常のシャットダウン(電源を切る)による電源OFF時には、外付けストレージの抜き差しは行わない  windows10 や windows8.1 の既定の設定では、PCは、スリープ、休止状態、通常のシャットダウンの直前の外付けストレージの接続状態を覚えていますので、その時に外付けストレージの抜き差しを行うと、これらの状態から復帰する前後で、実際の状態とPCが記憶している状態が矛盾してしまうため、何らかの条件が重なると、外付けストレージに障害が起きてしまうのがその理由です。  windows7以前 をお使いの方も、スリープ時、休止状態時には、外付けストレージの抜き差しは行わないで頂きたいのは言うまでもありません。  windows10 や windows8.1 は、立ち上がりを速くするために「高速スタートアップ」という細工をしてありますので、通常のシャットダウン時にも注意が必要です。  あと、本内容からは逸れますが、windows10 や windows8.1 のは、シャットダウンして画面が消えてしばらくは、ディスクにデータを書き込んでますので、ノートパソコンを使っている方でせっかちな方は、画面が消えたからといって直ぐにパソコンをカバンに入れたりすると、ディスクに障害が出ることがありますので注意が必要です(SSD内蔵の場合は問題ありません)。  なるだけ、次項のようにPC動作時に外付けストレージを取り外すのをお勧めいたします。

2.PC動作時に外付けストレージを取り外す際は、「安全な取外し」アイコンを使って行う  windows10 の場合、この写真のアイコンを押してから、取り外したいドライブをクリックして行ってください(写真のアイコンが無い場合は、”^”マークをクリックして表示させてください)。windows8.1 にも似たような形状のアイコンがあります。windows7 をお使いな方も「安全な取外し」アイコンを使うのは言うまでも有りません。  特に、外付けストレージ機器(USBメモリやHDDなど)を、windows7 のパソコンとの間で差し替えして使う方が、これを行わなかったためにデータが壊れてしまう障害が続出しています。  パソコンは、外付けストレージを取り外すことを教えてあげない限り、その外付けストレージはずっと繋がっているものだと思っています。PCの状態によっては、外付けストレージへのデータの書込みを後回しにしていることがあります。パソコンに対して外付けストレージを取り外すことを教えてやらないと、「書かれているはずの一部のデータが書き込まれていなかった」ということが起きます。このデータが外付けストレージを制御する大切なものだった場合、外付けUSBメモリやHDDなどのデータに障害が起こって読めなくなったりします。

※安全な取外しが出来なかった場合  この場合は完全シャットダウンを行ってから外付けストレージを取り外してください。  windows10 の完全シャットダウンの方法を記したサイトがありましたので紹介します(マウスコンピュータさん)。shiftキーを押しながら「再起動」をクリックする というのがポイントのようです。 https://www2.mouse-jp.co.jp/ssl/user_support2/sc_faq_documents.asp?FaqID=19992


« 前のページ次のページ »